2011年2月28日月曜日

もうすぐ雛祭り


春一番が吹いて、もうすぐ雛祭りですね。
去年は久しぶりに雛人形を飾りましたが、今年は去年撮った写真で代用です。(手抜き?)
子供の小さい頃は、いろいろな行事やお祭りを一緒に過ごしていましたが、夫婦二人だけになると「まあ~いいか。」って気になってしまいますよね。  まあ、孫でもできるとまた違うのかも知れませんが・・・・
春一番といっても、すぐに春に変わるのではなく三寒四温を繰り返しながら冬から春へと変わっていく合図だそうです。
そして花粉症の人にとっては、今年はとても辛い春になりそうで心配です。 早めの手当てを!!

2011年2月25日金曜日

超絶技巧 金属工芸展


幕末・明治の金属工芸展の名品展。刀の鞘や花瓶飾り器、自在置物の金工細工芸、その細蜜な技巧凄い、作者達の追及したリアリズムは、蝉、蜻蛉の置物、鈴虫など小さな昆虫にみられる繊細な技巧でした。この時代は日本の美術全般に大きな変化をもたらし、中でも金工は永く刀装を中心に発展し、幕末の体制により大きな後ろ盾を失った職人達は(金属による表現)により新たな芸術を目指した金属工芸、技を美術に昇華した表現力それは品格があり驚きの技に満ちていた。素晴しい、見事でした。
超絶技巧というべき作品が日本の国力を世界に示すため数々の博覧会に披露され、諸外国を驚嘆させた時代の宝物に出会え、豊かな午後でした。帰り西に燃えるような夕日、東に富士山。

2011年2月23日水曜日

桜咲いて

                早咲き大島 うすーいピンク
                
                コヒカンザクラ 濃いピンク 釣鐘型


熱海桜は咲き終えて、今、マリンスパの隣の公園には、早咲き大島桜とコヒカンザクラが咲いています。「きれいですね~」 
「花の命は短くて 苦しきことのみ多かりき」は、森光子さんの舞台「放浪記」の原作者 林芙美子さんが好んで色紙などに書いた短詩。
女性を花にたとえて、楽しい若い時代は短く、苦しい時が多かった自らの半生をうたったもののようです。
桜を観ていたら、この詩が浮かんできました。
花とはパッと咲いてパッと散るソメイヨシノでしょうか。それとも菜の花?タンポポ?
何かな~。「放浪記」は、ぜひ観たい舞台でしたが、今では叶わなくなりました。
まだ浅い春のこの時期に、熱海に咲く桜はソメイヨシノに比して、長いあいだ楽しめてうれしいですね。
皆様、 桜を見に熱海へおでかけください~。お待ちしていま~す。
Maroonさん
パンフ配布、お疲れ様でした。
先週アップした美しい海の風景は、熱海港から撮った写真です。

2011年2月22日火曜日

トンネルの出口が見えてきた。


♪ AND NOW THE END IS NEAR AND SO I FACE THE FINAL CURTAIN.♪ 御存じMY WAYの最初の歌詞です。いよいよ60歳にあと数日になりました。定年まであと5年です。明日は静銀沼津店で年金教室を受講して参ります。TIME FLIES. 30~50代はバリバリにやってきたのがいい思い出。これからは目一杯遊びふけた~い。読書に食べ歩き、旅行にカメラといろいろあるけど一番はやはり健康だよね。画像を雪解けのせせらぎに変更してみました。

ホテル後楽園


高校生だった頃、渚の常春という喫茶店でアルバイトをしました。そこには、ヤシの木があって、朝からジュークボックスでホテルカリフォルニアが流れるんです。夫の代行運転手として後楽園に行って、電飾で、ムードのあるヤシの木をみたら、久しぶりにイーグルスの曲が聴きたくなりました。

学生からみた熱海の地域活性に関するシンポジウム開催案内

<一般財団法人 地域活性機構主催>

趣旨:熱海の地域活性に関して,学生の視点から研究並びに提案するために,地元との交流を企画しました。

開催日時:
日時:3月9日(水)13:00~
場所:熱海 玉の湯ホテル
参加費:無料(事前登録不要,直接会場に来てください)

―Schedule―
13:00 挨拶 渡辺修一氏 渡辺耳鼻咽喉科院長
13:15 基調報告 
1.「ポイントによる地域活性の方法―地域活性機構の取り組みから」
地域活性機構事務局 安蒜 修氏
2.「学生の視点からみた熱海の地域活性について」
学生代表2名
14:15 パネルディスカッション「熱海の地域活性について」
コメンテーター 渡辺修一氏 渡辺耳鼻咽喉科院長
舘 逸志氏 内閣府審議官(予定)
パネラー
岩本 寛氏 熱海市商店街連盟会長
富岡篤美氏 伊豆多賀観光協会会長
学生 1名
コーディネーター 高松和幸 獨協大学教授
目黒義和氏 価値総合研究所 研究部長(予定)
16:15 一切終了

後援:地域活性学会

2011年2月21日月曜日

思いのまま

                       「思いのまま」という名前の梅


                            今日の梅園
先週、土曜日の夜からの突然の発熱で日曜日の梅園のガイドの当番をお休みしたため、本日行ってきました!!
(毎年、花粉が飛び始めるこの時期、こんな感じです。 知恵熱とよく言われます。 ぱっと熱がでて、それだけです。)
今日の梅園は、訪れる人は結構多かった気がしますが、ガイドの要請はぼちぼちといった感じでした。
「写真屋さんではありませんよ~。」と言いたいくらい、次から次へと「カメラのシャッターを押してください」との要請はありましたけど・・・ 
人間の出来てない私など、めんどくさいな~と思ってしまうのですが、まち歩きの会のメンバーは、本当に愛想よく根気よくシャッターを押し続けていました。 偉いな~、見習わなきゃと反省しました。
そして、上2枚の写真はあまりよく撮れていないのですが、「思いのまま」という名前の梅で、一本の木に紅と白の花を咲かせるそうです。まだ咲き始めなので、良くわかりませんが、珍しい梅です。
「思いのまま」というネーミングには少しひっかかりますが、多分、あなたの思いのままにいかようにも・・・ということなんでしょうか? そんな主体性の無いことではね~と思いませんか? きっと男性がつけた名前でしょうね~。(と、勝手に想像しています。)
それと、最近テレビで梅園が放映されていたらしく、その時取り上げられた「酔心梅」という名前の梅の木があります。
名前の由来はわかりませんが、山の神をお祭りしてある付近の木道沿いにありました。 梅園を訪れたお客様数名にどこにあるか聞かれました。 (さすが、テレビ!!)
ということで、今日の寒さの中のガイドもお勉強になりました。

2011年2月18日金曜日

海に映る虹


2月15日オープンしたばかりのすし処でランチ(お気に入りのお店ができてうれしい)して、買い物など済ませ帰宅。16:30街に流れる音楽が鳴り出した時、海面側のマンションに虹が降り下りていた。8分位の虹のショーの終わりは海面真ん中に落ち、水面が虹の帯、息をのむ美しさでした。

昨日は天気予報では弱雨。しぶしぶ晴れ女3人組で近くのゴルフ場に出かけた。さすがに晴れ女達のパワーか日頃の行いの良さか??雨は落ちてこなかった。
周りの山々は雪景色、雲・樹々・芝生すべてが静まり、名画の風景の中でプレーしている錯覚、不思議な現象、贅沢な時間を味わった。3羽の鴨達が餌欲しさにカートの周りにガァガァ! 寒さを忘れ思い切り大木に打ち当てたり、打ち込んだり、静けさの中で賑やかに遊ぶ私達のようでした。

Windy さん、ほんと!熱海に住んでいて幸せ!
次回ガイドクラブ例会の後の会食は、すし処初川さんはいかがですか?

2011年2月17日木曜日

美しい海の風景


夕方、散歩していると、写真のような美しい海の風景に出会う日があります。
「熱海に住んでいて、幸せ!」と想う瞬間です。

獨協大学ゼミ一行のガイドスケジュール

2月16日午後のまち歩きガイドの定例会における決議事項をお知らせします。

3月7日(月)
13:30
玉の湯ホテル発(バス)
14:00
般若院前着 たいこ橋経由で伊豆山神社拝殿まで徒歩、そのまま走り湯まで案内。神社下で 
バスに乗るグループもある。
 
16:00
走り湯発(ガイド解散)
 
16:30
湯河原観光会館着
 
 
 
3月8日(火)
8:30
熱海港集合
8:50
初島へ出港
12:50
熱海港着
13:00
熱海港をスタートし3コースの市内ガイドへ向かう
16:00頃
3コースとも親水公園で解散
 

1. 雨天の代替案
MOA美術館・起雲閣・見番・マリンスパ
各施設の見学についてはNataryさんが折衝に当たる。
2.
案内担当のガイドの名前は省略しました。
定例会に参加された方はそれぞれの担当を決められたかと思いますがそれ以外のガイド会員の参加も歓迎します。参加して頂ける方はその日時とコースを事務局までご連絡下さい。
3.
9日(水)は熱海玉の湯ホテルにて
午前中は「熱海の活性化について」の講演があり
午後はゼミに参加された学生から発信されるシンポジウムがあります。
参加自由です。皆様ふるってご参加ください。

AGC、まち歩きガイド、アタミスタの共同イベントです。
今後のモデルケースとしても協調して良い成果を挙げたいと思います。

代表 酒井 

2011年2月16日水曜日

今晩の肴は? 初島ナマコこのわた和え!

Windyさん、今日はありがとうございました。午前に例のなまこ酢が初島から送ってもらえるとのことでしたがまさか今日の今日のそれも今晩入手できるとは。Nobyは贅沢にもまずナマコに添付の上品な初島ぽん酢を漬け込み、さらにここにこのわたを流し込みました。正確にはこの時点ではこのわたではなく、鮮度抜群のなまこの腸管をなまこ酢に射込みました。まぁ~それはそれは磯の香りがすること。娘もHoroちゃんもおいしいの連発。 このわたはなまこ1尾にたいして1本しか取れない貴重な腸管で、これを塩からにしたのが本当のこのわたです。それから考えるとこれは10~15尾位のなまこをさばいたのかな?ってしばし考えてしまいました。そうこうしているうちにご酩酊となりました。

2011年2月15日火曜日


6日の梅園です。梅は咲いたか、桜はまだかいな。は、熱海には通用しませんね。13日には、見頃を迎えたそうです。現在澤田政廣記念美術館では、「国立」という作品が展示されています。ロダンの作品は、情熱のほとばしりが激しすぎて、疲れますが、大国主命とその妻を題材にしたこちらは、危機の中をかばいあって、逃げて行く二人の間に、暖かな信頼が感じられて、ほっとします。

2011年2月14日月曜日

楽しかった初島と残念な熱海桜


                    なまこ酢


                        巨大なイチゴパフェ
                       
初島への下見は、美味しいものや楽しい散策やで、とても楽しい海外旅行となりました。
美味しいものやきれいな景色や楽しい仲間が入れば、十分楽しめるものなんですね。 (同じ市内でさえ)
そして船に乗って帰ってくるときには、本当にどこか遠くの海外から帰ってきたような気分でした。(笑)
ところが、この日本一早い桜ということで売り出し中の熱海桜が、満開を迎えているというのにこの有様です。
一度植え直しの工事をしていたのですが、今回は何をしているのでしょうか? 
それにしても、この今の時期にこんなことしなくてもいいのじゃないでしょうか?
と、憤慨しているのは私だけでしょうか?  まあ、糸川沿いに駐車場があるのも一因ですけど・・・
本当にもう少し考えてほしいものです。  トホホ

2011年2月10日木曜日

のんびり 初島下見

      大島桜と菜の花畑

                サザエ入り岩のり丼

                私、何者?

                伊勢海老とさざえ(食堂水槽内)

                伊勢海老漁に使われる網



「熱海の地域活性化について」研究される為、来熱の獨協大学関係者ご一行様(60名)を、3月8日に初島へご案内させていただくことになりました。
本日、Maroonさん、hasekiさん、Sさんと一緒に、初島ご案内コースの下見に行ってきました。

天気、海上ともに良好。さざえ入り岩のり丼、なまこ酢、イカの丸焼き、明日葉のかき揚げ等、食べ物みな美味し。特に、今、限定のサザエ入り岩のり丼と、はば海苔のかかったなまこ酢は最高に美味でした。

松林遊歩道、初島灯台、小中学校を含む、初島ぐるっと半周散策は、のんびりゆったり気分でいい時間が流れていきました。ホテル周辺や島のあちこちには、まだ若い大島桜が1~2分咲き。3月8日頃、満開で一行を迎えて欲しいものです。

ガイドは、島の人達の生活に密着した視点から、初島をご案内出来ればと思っています。
AGC初デビュー、がんばりま~す。




















2011年2月9日水曜日

小町通り(鎌倉)の賑わい


1月末に鶴岡八幡宮に行った時のphoto。鎌倉駅から鶴岡八幡宮までの間にある小町通り。そこは賑やかで人人人。熱海からやってきて本当にうらやましく思うのは私だけではないと思います。鶴岡八幡宮の寺社町として発展していったんだなと理屈は分かるけど、どの店も個性的で特徴があって且つ全体的に調和しているんです。小町通りの商店街の方々のコミュニケーションがよくとれていて観光客を楽しませてくれます。熱海駅から来宮神社は?それとも来宮神社から来宮駅はどうかなとしばし考えてしまいました。

2011年2月8日火曜日


先日、町歩きガイド養成講座で、丹那トンネル入り口をみてきました。chieさんが、長さのプレートをアップしてくれましたが、こちらは工事開始年度と、完了年度を皇紀で表したものだそうです。日曜日にAGCの勉強会に参加して教えてもらいました。

2011年2月7日月曜日

2月6日(日)勉強会・定例会

勉強会
早咲きの梅咲きほこる熱海梅園で、まち歩きガイドさんの講義を受けながらの研修でした。ここ1週間のうちに随分開花が進んだようです。韓国庭園ではきれいなモデルさんを囲んで写真の撮影会が行われていて、カメラを構えているのは殆んど男性だったのが印象的でした。


定例会
3月7日(月)・8日(火)・9日(水)に行われる仮称「独協大学の学生から見た熱海活性化ゼミ」の受け入れに対する打合せを中心に話し合いが進みました。
熱海まち歩きガイドの会と我が熱海ガイドクラブは、その役割即ち「熱海をガイドする」ことに専念して計画に参加することが確認されました。

3月7日午後から夕方まで
伊豆山神社・走り湯・石坂ロマンコースを巡りながら湯河原へ向かう間のガイド。
3月8日午前中、初島でのスケジュール
の2点については大体のコースや人選ができました。

3月8日午後、並びに両日の雨天に対する対策は、近日中にゼミ参加者の具体的要望を取り入れながら、3月16日(水)まち歩きガイド定例会で決定したい。

以上のように次回の打合せに向けた方向が決まりました。

-----------------------------

我がクラブのパンフレット配布
分担して下さった皆様のおかげで、かなり配布出来ております。あと少し。MaroonさんやNobyさんにパンフレットをお届けします。又、新たな配布先を思いつかれた方はお知らせ下さい。

2011年2月6日日曜日

熱海桜のライトアップと忘れられた干物



満開を迎えた熱海桜がライトアップされて、とても幻想的・・・・と、その時しまい忘れたサバのみりん干しを目にしました。 
思わずクスッ!! よく買いに行く魚屋さんがしまい忘れたと思われます。
何とも、のどかな風景ではありませんか? 湯の街・熱海を象徴した光景だな~と思い、思わず撮って来ました。
明日(正確には本日)は、梅園のガイド研修ですね。お天気も良さそうで何より、1時30分にお会いしましょう。

2011年2月4日金曜日

熱海の絵はがき(石坂浪漫)


熱海海光町地域、昭和初期の別荘文化が伺える地。10メートル程の石垣と石畳の坂道にある名別荘。

時代の流れで持ち主が変わっていますが、松竹映画創始者、山本五十六、岩波書店創始者、野村財閥創始者等のあった閑静な場所を初島を眺めながら散策。

第一回街歩き養成講座の最後に市内散策が終わり。市の職員から何処か希望があれば、とのことでしたので海光町の街を知りたくお願いしました。今や街歩きガイドの人気コースとなりました。

AGCガイドパンフレットの表紙に酒井理恵子さんが石坂浪漫を描かれ、昭和の良き時代が伝わる絵に感激しまして、熱海百景第一号が生まれました。

先日はnobyさんはじめ皆様 ありがとうございました。
広池ヨガ指導者として改めて心体を引き締め(少々たるみ気味)精進いたします。
皆さんに励ましていただき心強く、とても嬉しく、広池ヨガの素晴らしさをお伝えしてゆきます。

丹那トンネルは東海道線 熱海⇔函南です


私が小学生だった頃日本で1番だったかな、2番目だったかな長いトンネル は丹那トンネルですと習った記憶があります。まだ新幹線も青函トンネルも無かった時代です。今JR東海道線丹那トンネルは全長7,841メートルであるとトンネル熱海側入口(来宮)のプレートに掲示されています。(珍しい写真が撮れました)


東海道線は当初今の御殿場線を経由していましたが、急勾配であった為、国府津から沼津へ抜けるのに大変な労力と経費がかかったそうです。その後1918年熱海火山(多賀火山)の山体を貫くトンネル工事が始まり、1925年には完成する予定でしたが、トンネル上部丹那盆地に溜まった大量の地下水が湧出し、活発な活断層丹那断層をトンネルが横切るので工事の進捗が遅れ、結局16年かかって1934に完成しました。


工事途上崩落事故や、トンネル全体が地下水で溢れるような大量湧出事故があり、総勢67名の犠牲者が出ました。現在日本のトンネル掘削事業は世界一を誇っています

2011年2月2日水曜日

明日は節分祭

昨年の来宮神社節分祭ではご奉仕当番町だった清水町は町内をあげて約2ケ月も前から豆まきの景品やら福豆作りやらでてんてこ舞いでした。早いものです、もう一年たったんですね。ご承知のように「節分」は本来、季節の移り変わる節目の意味で立春・立夏・ 立秋・立冬の前日を指し、特に立春が1年の初めと考えられることから次第に「節分」といえば春の節分を指すようになったとの事。したがって広義の意味では節分は年4回ということなのでしょうね。

photo:昨年(平成22年)の来宮神社節分祭。

2011年2月1日火曜日

駅伝



30日、熱海駅伝大会がありました。町内からも小学生が参加していたので、ゴール付近で声援を送りました。帰りがけに糸川を通ったらさくら祭りの真っ最中。大勢のお客さんが、足湯や抽選を楽しんでいました。私もさっそく運だめし。わかめのつめほうだいがあたりました。とても柔らかで、磯の香りが豊かで、サラダやみそ汁にしたら、おいしかったです。