2010年11月30日火曜日

いよいよ明日より12月です


いよいよ12月です。忘年会、クリスマス会と皆様お忙しいと存じます。こちらは年末商材の売り込みで忙殺されそうです。 10000品目からなるデータベースの更新やら修正やらまたまた新商品の登録等でてんやわんや。 

さて、英文のブログにも書き込みしましたが、町のあちこちでイルミネーションがとてもきれいに光を放っていて、やはり12月を感じますよね。 ここにジングルベルの音色がTVやらラジオから流れ始めるともうそわそわモードで何となく落ち着きません。 でもこれも一つの日本の12月じゃないでいしょうか。

Photoは30余年前の学生時代のイメージを無理やりにはめ込んでみました。みなさんも心当たりあるでしょう? クリスマスが近ずくとやはりいいですね。

chieさんありがとうございます。実は、昨日一時間かけて、nobyさんとmaroon
さんにコメントを送ったのですが、うまくいかなくて、いったいどうなっているのかしら、と途方にくれてしまいました。どこかで重複したらごめんなさい。黄泉の醜女は、神話にでてくる鬼女だと思います。イザナギの命は、死んだ妻を訪ねて黄泉の国に出かけます。「私がいいというまで振り返らないでね。」という妻イザナミの頼みを裏切って、腐乱した妻の姿をみたイザナギは、逃げ出してしまうのです。激怒した妻は、黄泉の醜女を追手に放ちます・・・というこわくて哀しいお話を4回もかいては送り、書いては送り、私のPCに醜女を放ちたくなりました。これが、無事アップされるといいのですけど。さて、windyさんには、お話しましたが、日曜日に、コレド室町で、きたやまおさむの学術劇場というのをみてきました。久しぶりの「イムジン河」を聞きながら、お隣の国の平安を祈らずにはいられませんでした。それにしてもきたやまおさむは、かっこよかった。きっといい人生を過ごしてきたのだと思います。昔より素敵になっていましたよ。

2010年11月29日月曜日

MOA美術館にて


今日MOA美術館で、ルーシー・リー展を見てきました。
陶芸好きの私には、至福の時間を過ごすことが出来ました。

ただとても残念に思ったのは、海外からの旅行者らしきグループの方々が、展示室内で写真を撮ったり、ビデオ撮影したり、大きな声でしゃべったりで、折角静かに鑑賞していたのに、なんか心穏やかでなくなってしまった事です。
まだまだ私自身修行が足りないのでしょうが、「美術館で写真を撮るなんて・・・」って思ってしまいました。
以前、日本人も海外でこんなふうに思われていたのでしょうかね~?

そうこうするうちにまた静かな時を過ごせるようになり、閉館までゆっくり鑑賞して外に出てみると、写真のような光景を目にすることが出来ました。

まるで、ルーシー・リーの陶器で使われていた色彩のような薄ピンクの夕焼けでした。
とっても穏やかな気持ちで帰ってくることが出来ました。

2010年11月25日木曜日

修善寺もみじ林






修善寺のもみじ林の紅葉です。修善寺駅から虹の郷行きバスに乗り、もみじ林前で降車します。
名前のとおり、もみじの林です。林の上からは、雲海にぽっかり富士の頭が浮かび出ていました。紅葉の色彩は「今一かな 」
という感じで「燃えるような」とはいきませんでした。ちょっと残念。今夏の猛暑、あるいは日当たりの影響かもしれません。
昨年今頃の梅園の紅葉がとても素晴らしくて、頭に残っているので比較している自分がいたようにも思いますが。
今年の梅園へ行かなくては・・。











2010年11月24日水曜日

黄泉のしこめ


澤田記念館側から梅園に歩いて行くとすぐに若い女性2人の像に出会い、そこで紅葉を入れて撮ってみました。像には“よみのしこめ”とあり、昭和31年 原型提供協力者 澤田初夫氏とありました。“黄泉”(よみ)と“しこめ”の意味を調べると「容貌の醜い女」とあるが像からは全然想像できないし、もっと深い意味があるのでしょうか?

2010年11月23日火曜日

船上カメラマン



学生時代に親しかった友人逹と伊豆高原の花吹雪に泊まった。例によって温泉に浸かり、広い客室をとったのにあえて一間に6人が雑魚寝した。卒業して31年たっても相変わらず笑ったり、おこったり、あの頃と変わらない。風が強くて、波が高いのに、富戸港から遊覧船に乗った。自信がないのに無茶をするのもあの頃のままだ。案の定、だんだん無口になって、30分のクルージングのあとは、待合室で全員がぐったりと椅子にへたりこんでしまった。それでも、みんなで挑戦したことで十分満足なのだ。一泊二日の旅を終え、なごりを惜しみながら、それぞれの場所へ帰っていった。仕事や、家族の介護や、それぞれの暮らしにもどるのだ。また逢う日まで・・・・元気でね。

12月定例会のお知らせ

今年最後の定例会は12月5日 第1日曜日 午後3時からいつものように市立図書館5階で行われます。
 
定例会に先立つ分科会1時30分からです。

英文資料の作成が夏頃で中断していたので、再開します。

今年参拝者がドッと増えたと言う来宮神社について、おさらいをしたいと思います。
最近パワースポットであるという「おまけ」まで付いてきました。Hasekiさん作成の資料を基礎に推敲しましょう。大勢の参加を期待しています。

AGCブログWindyさんやMaroonさんががんばって続けてくださっているので、停滞せずに嬉しいことです。近ごろ曜日ごとの担当の順番が少しバラバラになってきたので、改めて整理しませんか。

See you then!

2010年11月22日月曜日

今日の梅園



小雨の中、明日のまち歩きの梅園ガイドに備え下見に行ってきました!!
ご覧のような紅葉真っ盛り状態でした。
熱海新聞によると、例年より10日ほど早いらしいです。
以前、12月の初旬頃、梅園の中にある香林亭でお茶会がおこなわれていましたが、その頃がちょうど見頃といった感じでしたので、今年は確かに早いです。
他の地域では、今年の紅葉は遅れているというのに、なぜ熱海は早いのでしょうか?不思議な気がします。


園内は雨のせいもあり、訪れている人も少なく、静かに散策出来ました。
なんだか、紅葉を見に行かなきゃいけないと、紅葉の名所を追っかけて出かけていた自分に少し反省させられてしまいました。
こんなに身近に、素晴らしい所があるじゃないといわれているような気がして・・・

そして、足湯に訪れていた観光客の方に、「足湯につかったら、足が軽くなったよ。かけ流しなんだね!」と言われ、自分のことを褒めらてたような気がして、「そうなんですよ。熱海は湯量が多いですから・・・」とつい、嬉しくなって答えてしまいました。

いつの間にか、すっかり自然に熱海の宣伝ウーマンになっています。(笑)
さあ、これから久しぶりの熱海梅園のガイドの復讐をしなきゃ!!

皆さんも、是非訪れてみて下さい。 ここ1~2週間が見ごろだと思われます。 急げ~!!

2010年11月21日日曜日

精進湖畔の燃える紅葉 


windyさま:11月14日の茜窯ルンルンツアーの企画ありがとうございます。 ソーダ窯で炊いたグリーンの湯飲みでお酒をいただくたびに茜窯のガャラリーや落ち葉の上をカサカサと音を立てて歩いたこと、精進湖の燃える紅葉に感動したことを思い出します。天気にも恵まれていい思い出に残る一日でした。

2010年11月18日木曜日

晩秋の茜窯

                     茜ギャラリー

                   ギャラリー内の創作陶芸品

                    

                    茜窯の庭




用意して頂いた食事風景。きのこ汁・いなり寿司・えごまときな粉のおはぎなど・・。



Maroonさんとmahyanさんが、すでに報告されていますが、茜窯の風景をご紹介させていただきました。
訪窯の当日は、どんより曇り空でしたがとても暖かく、上着も不要でした。ところが翌日は大変寒くて、夕方は雪でも降りそうなほど、冷え込んだそうです。
皆さん、日頃の行いが良いことを実証?したようですね。和気藹々と本当に楽しい旅行でした。


















2010年11月17日水曜日

11月16日HP打合せ、ご苦労さま


昨晩は皆さん遅くまでご苦労さまさまでした。今日11月17日は竹平さんの落語あり、ピアノレッスンありさらにパソコンスクールで昨晩打ち合わせたAGCの修正箇所をHonoさんに教わりながら変更してアップロードいたしました。 自宅へ戻り気がついたところはガイド(代表的なスポット)での山車のリンク先は熱海の案内ではなくこがし祭りにリンクがかかるよう次回修正します。皆さんも気がついたところはご指摘下さい。 英語版もしなくてはならないし結構いそがしい日々が続きますが一つ一つ片づけて行きましょう。

明日は八重よしボジョレーお好み焼きパーティです。全員自然体でほっかぶり?... ♪いかがでしょうか~!

2010年11月16日火曜日


まずは、お詫びから始めます。WACCOさん、CHIEさんおん玉の映画祭には、出席できなくてごめんなさい。あと、ワインをめでる会の出欠席も連絡をとらず、またまたお手数をおかけしています。誠に申し訳ありません。CHIEさんのご心配通り、実に一週間、自宅のパソコンをひらいておりませんでした。職場で、パソコン攻めにあっておりまして、家では、食傷気味になっております。おまけにあさっては、研修で2年生とのかけざんの授業を他の方々に見ていただくことになっており、ただいまそちらの準備で頭がいっぱいです。などと言いながら、WINDYさんのお誘いに、嬉々として参加させていただきました(*^_^*)窯元のご夫婦はシンプルに生活なさっていらして、とても魅力的ですね。落ち葉を燃やす匂い、澄んだ空気、今の自分には、なかなか体験できません。だから思い切って参加したことは、とてもよかったです。MAROONさんの花器はお花が入ったら、格段に素敵です。我が家では、茜色のお茶碗をさっそく主人がつかっています。私はストレス解消に鳩笛をふいています。こちらも素朴な優しい音で、目をつぶると、カラマツの林にいるような気持にさせてくれます。WINDYさん、お疲れ様でした。そして、ありがとうございました。

2010年11月15日月曜日

晩秋の茜窯へのルンルンツアーのご報告






windyさんの企画で実行した今回の日帰りルンルンツアー、とても楽しいものとなりました。

ちょうど紅葉の真っ盛りに重なり、精進湖での富士山をバックに真っ赤に色づいた楓を撮った写真はいかがなものでしょうか?
(実はこのアングルは、Ms.Kの旦那さまから教わって撮ってみたものです。)

そして、上九一色村の谷を走りながら観た紅葉の素晴らしかったこと!!
一眼レフで撮ったのですが、技術不足でその素晴らしさが伝えられません。
(お天気も曇りだったので、残念・・・)

そして、そして茜窯。 広大な敷地の中でゆったりとした時間を過ごせました。
窯元の奥さまのもてなしで頂いたおいなりときのこ汁、windyさんの手配で用意されていた、えごまのおはぎなど、どれもとてもおいしく頂きました。

その上屋外で頂いたので、紅葉した葉っぱが食べてる上に落ちて来るという何とも風情のあるお昼となりました。

もちろん、お目当ての陶器、ゲットしてきましたよ~。
左の写真の花器もその一つです。 早速お花も生けてもらいました。

そして帰路、紅葉と重なるように真っ赤な夕焼けを見ることが出来ました。
(これもまた、色がうまく出てません! 残念!!)

今回の大人の秋の遠足、とても、とっても楽しかったです。
windyさん、ご苦労様でした、そして、またどこか行きましょうね!!

2010年11月12日金曜日

起雲閣 根津美術館・間島記念館研修

秋晴れ11月10日
 映画祭が台風のさなか無事終わり。VIVAラテン発表会も終わり。解放されバスに乗りました。
 東京タワー横うかい・とうふ屋へ直行。江戸の食文化を山形の合掌造りの屋敷で、とうふ三昧。風流なひと時を味わいました。バスは青山学院へ。正門よりイチョウ並木を通りぬけ、ギリシャ神殿を思わせる間島記念館と礼拝堂見学。この2棟は国登録有形文化財に今年指定された建物です。

 次は、目的の根津美術館。昭和16年開館され、昨年秋建築家隈健吾設計のガラスばりの都会的な美館術となりました。宇(そら)をうつすうつわ南宋の青磁展は静寂な美しさでした。
 庭園は起雲閣と同じように派手な花は無く、野の花がほととぎすなど自然な姿で四季が感じられました。これは初代創立者の根津喜一郎氏の遺志によるものです。

2010年11月11日木曜日

11月の打合せ

① 11月18日の「ボジョレヌーボ」を愛でる会

Windyさん Mahyaさん いかがですか・
Maroonさんは出席ですよネ?
詳しくは11月8日のブログをご覧ください。

② HPの打ち合わせ

下多賀事務所で夜行いましょう。いつが良いですか?日取りを決めて下さい。
特に直接CPに関わっている Maroonさん Hasekiさん Nobyさん よろしく。

③ ホテル・旅館のリストをおねがいに行く件
Hasekiさん、Sさん、出来ればMaroonさんにWaccoさん
日取りを打合せして出向いて頂けますか?
「賑やかに数人で行きましょう」との提案が出ています。

他に無かったかしら? 抜けていたら指摘して下さい。

2010年11月9日火曜日


夕方の上天神町です。なぜ天神という名がついたのかわかりませんが、近くに学問の神様がいらっしゃるのかもしれません。このほかにも福道、成田、多賀などは、なんとはなしにありがたい感じがします。市内には桃山町、桜町、梅花町など、花の名前をとった町名もあります。かつては、汐見町なんてのもありましたが、地名をつけた先人のセンスには、脱帽します。

川床&オープンカフェ



メンバーの皆様、昨日は例会ご疲れ様でした。
                                   
例会に出席の方にはご報告いたしましたが、昨日は月例会出席前に、chieさんにお付き合い頂いて、熱海芸妓見番にて華の舞を見学後、初川に出来た実験川床でお弁当を芸妓さんたちのお酌で頂いて、その後お宮の松からサンビーチにわたる橋・サンデッキ 上に出来た実験オープンカフェに行って、お茶してきました。
(芸妓さんに御酌をしてもらって、嬉しそうな顔をしている私の写真もあるのですが、それは非公開とさせてもらいました?!)
                                   
川床は、完成形ではないので、若干気になるところもあるのですが、芸妓さんに御酌をしてもらってお弁当を頂くなんていう体験は、なかなか出来るものじゃありませんから、とても楽しい経験となりました。
しかも実験事業ということで、華の舞を見て、お弁当お頂いて、お酒が出て、芸妓さんたちの御酌付きで何と、3000円ですよ! (行かなきゃ、損、損!!)
まあ、この価格でやれるのも、補助が出ている間だけらしのですが・・・  
来週の土・日もあるそうです。興味のある方はどうぞ。
                        
そして、オープンカフェですが、せっかくのロケーションをうまく利用しきっていない感じがしました。(残念ながら・・・)
                                       
何事も、まず自分が行ってみなきゃ始まらないというポリシーで、興味津津で出かけてきました。(笑)
いろいろなグループが熱海をよくしようと頑張っているのですが、どうして横の連携が取れないのでしょうか?という疑問がまた残りました。

2010年11月8日月曜日

ボジョレー.・ヌーボーのお披露目は八重よしで!


昨日11月7日の定例会の後、八重よしさんに流れ着きまして、女将に交渉した結果、ボジョレーワインの持ち込みはOKとういうことになりました。

  ボジョレーヌーボーのワインのお披露目会:
  
     1)日時場所:11月18日(第三木曜日)
       熱海市中央町15-6 八重よし(お好み焼き)2F  
       tel:0557-81-4509
    
     2)会費:総費用/人数

     3)持ち込み品目:山ちゃん⇒ボジョーレーワインを(?)本
              Noby⇒青かびのゴルゴンゾーラ
                 白カビのカマンベール等
              Natary⇒本場イタリヤ生ハム 

     4)申込み:AGc本部Chieさんまで  
              最大で12名~15名位ですのでメンバー限定にて。

     5)服 装:お好み焼き屋さんにふさわし格好で。油が飛びますので。  

2010年11月4日木曜日

羽田空港へ



                    江戸小路

                    老舗てぬぐいや


東京スカイツリーより続く
先月21にオープンしたばかりの羽田空港 新国際線旅客ターミナルは見学者でごった返していました。延べ床面積15万9000平方メートルの空間は、ひとつの街のようにコンパクトにまとめられています。
中でも3階の出発ロビーから4階に抜けると、近代的な雰囲気から一転、和の空間が広がっています。
「江戸小路」と呼ばれるこのエリアは、江戸の町並みを本格的に再現したショッピングエリア。タイムスリップしたかのような風情ある町並みで、散策するだけでも十分楽しい「江戸小路」。
新ターミナルは、日本の良さを感じさせてくれるターミナルです。
それにしても、いま話題の東京スカイツリー、羽田空港へと早々と行く機会に恵まれて、本当に充実の日帰り旅行でした。
(茜窯へのお誘い)報告
旅行名は、 晩秋の八ヶ岳「茜窯・清里・野辺山ルンルン日帰りツァー」と致しました。
申し込み者は15名となり、締め切らせていただきます。
参加者に近日中にお便りを配布いたします。
chieさん、お世話になりましてありがとうございました。

2010年11月3日水曜日

Agenda for the coming meeting (議題)


世界バレー女子の対セルビア戦で手に汗を握る接戦でしたが、3対1で日本の勝利、イャーすごかった。久しぶりに興奮いたしました。

さて、今週日曜定例会の議題を列挙してみました。

   ●3市合同研修会・・・担当:Mr.YS

   ●AGC宿泊施設用カタログの資料確認と配布...担当:Chie,Maroon 

   ●11/29(月)イタリヤからのお客さまのガイド

   ●12/12(日) シンガポールからMr&Mrs Koh のガイド 

   ●11/18(木)ボジョレーヌーボーのワインパーティ...担当:山ちゃん(補佐noby)

   ●忘年会は繰越しで⇒新年会で(司会進行:担当は?)

以上です。ご意見等ありましたらどしどし下さい。

2010年11月2日火曜日

川床で昼食を食べませんか?


10月27日(水曜日)の熱海新聞で取り上げられていたのですが、見番前の初川に「川床」を設置して、「伝統文化を色濃く残す初川沿いに新たな魅力を加えることで、賑わいの創出につなげたい」ということで、熱海市観光・防災まちづくり協議会が、見番前の初川に、単管(鉄パイプ)で足場を組み、その上に横約15メートル、縦約3.5メートルの座敷を設けるそうです。
               
10月30.31日に関係者対象、11月6・7日は一般客への開放を予定しているとのことでしたが、残念ながら、30・31日は台風の為、中止になったため、6・7日に行われる予定になりました。
午前11時から見番で開かれる「夢まちをどり・花の舞」を見学し、その後川床に移動して昼食を楽しむというものです。
料金など詳細は3日or4日に連絡頂くことになっています。(問い合わせしたのは、私が最初だったらしいのです?!)
                        
ちょうど、11月7日は月例会の日ということもあり、少し早い時間になりますが、良い経験になると思いますので興味のある方で行ってみませんか?
今回は季節外れですが、京都の川床のように春や初秋、夏の夕方などの開催を考えての活動となっているそうです。
有志の方、早めのご連絡お待ちしています。

上の写真は、修善寺で撮った秋明菊です。
(一日遅れの投稿となってしまいました!)

いちょう


大きな2本のイチョウの木が、少しずつ黄色くなっています。いよいよ秋本番ですね。ブログをみていると、みなさんがとても行動的なことに、驚きますが、それがとてもいい刺激にもなります。よし、がんばるぞ!