2010年7月30日金曜日

健康ヨーガ Part1

富士浅間神社の池のマス 涼しげに泳いでいました。

ヨーガの修行には8段階あります。最高の境地・三味・迷いのない澄み切った心はまさに・空・の境地です。正しい姿勢と呼吸法を体得し磨かれると、剣の達人 宮本武蔵の 五輪の書による身の構え方が、まさに正しい姿勢なのです。体を傾けず・ゆがめず・胸を張るのではなく腹をはる。つまり緊張の姿勢ではなく、緩やかに背骨を垂直に立て自立神経が整い、免疫力を高めることになります。

2010年7月29日木曜日

おすすめ、姫の沢公園

                    ねむの花
                    岳あじさい

                    おに百合
                    岳あじさい
猛暑日が続く中、姫の沢公園の自然の中でカウンセリングをやらせていただきました。
姫の沢は、色濃き緑、木々の葉をゆする風、木陰、木漏れ日、せせらぎ、鳥やセミの鳴き声、そして、ねむの花、岳アジサイ、おに百合などの花たちが迎えてくれました。

ピンクのブラシのような花をつけた大きな木に、「この木なんの木、なんの花?」と問いかけているところへ、女の方がやって来て、「これはねむの木、ねむの花」と教えてくださいました。「あのCMソングにあるでしょ。あれもネムノキ科。私、ハワイまで見に行って来たのよ」
あのCMソング。すぐにピーンときました。

~あの木なんの木 きになる木 なまえもしらない木ですから なまえもしらないはながさくでしょう~
多くの人が知っています。あの映像。あのソング。心がおおらかになるCMです。CMにでてくるあの大きな木はモンキーポッドと言うそうですね。
ねむの木の葉っぱに似た葉に、触るとシューと葉を閉じるのはオジギソウ。ねむの葉は、夜になるとゆっくり自分で葉を閉じます。それが、まるで眠るようなので「ねむりの木」。そして、次第に「ねむの木」に変化したようです。
自然の営みは興味深いですね。
自然の涼を求めて姫の沢公園へ・・。おすすめでーす。














2010年7月28日水曜日

今年は清水町山車を入れての全体写真


早いものでこがし祭りが終わってもう2週間がたとうとしています。わが清水町は20年に1度回ってくる来宮神社の責任当番町としての責務を無事に果たしました。7月15日と7月16日は午前7時から準備。15日は宮神輿、16日は御神幸行列と大変な行事をこなしました。担当役員さんから子供会のママさん達、婦人会のお母さん達まで本当にお疲れ様でした。清水町の結束がまた一つ固くなったと思います。山車を入れての全体写真は皆さんとてもいい顔しています。

イギリスのお客様と一緒に、日本の家庭料理を作りませんか?

今日は、ブログ関係者の皆様、ご苦労様でした。

パンフレット作り、なんとかめどが立ちましたね! (良かった、良かった!!)

それと、手作りのところてんやゼリー、クッキー、お茶、でんすけすいか、美味しかったですね!!
(これなかった人は、しまったと思ってやしませんか?) 残念でしたね。次回は是非出席下さいね~。

ところで、時間があったらお話しするつもりでしたが、私の教えていただいている英会話の先生(ショーオン先生ではありませんよ。念のため・・・)のG.F.が来日するので、日本の家庭料理を教えてほしいという要請がありました。

日常的な、簡単にできるお料理を習いたいということでしたので、英会話のクラスメートたちで一緒に作ってみようということになりました。

そこで、お手伝い出来る方を募集しております。

お料理、英語、どちらか出来る方ならO.K.です。 みんなでワイワイしながら、楽しく作りたいと思います。

     8月2日(月) 3時30分 Maroon宅

準備の都合上、出来るだけ早くに人数を確定したいので、手伝って頂けそうな方は、ブログ、メール、Telにて、早めにご連絡ください、お待ちしています。

2010年7月27日火曜日


都合がつかず本日の会合に出席できませんでした。連絡もせず、CHIEさんにお手数をまたまたかけてしまいました。申し訳ありません。1日の定例会でお話を伺うことを楽しみにしています。さてこちらは錦ヶ浦の洞窟を海上から眺めた図であります。中学生の頃から錦ヶ浦のバス停近くに住んでいました。大学生になって最終の鈍行で熱海に帰ると、バスもないのでタクシーに乗ります。『錦ヶ浦までお願いします。』というと運転手さんは必ずバックミラーで私の様子を窺うのがわかってとてもやっかいな気分になりました。まだまだ、○○の名所として有名だったからです。霊感のある人には、ちょっとしんどい場所だと聞いていましたが、霊感にはまったく御縁のない家族だったので普通に暮らせたことは、幸せだったとおもいます。ここに大きなホテルの施設を造るため、海側に伸びた松を切った造園業の人の話だと、青く深い海にすいこまれそうで、あまり気分のいい仕事ではなかったそうです。

2010年7月26日月曜日

お接待の心


清流肱川河畔でも優れた景勝地、臥龍淵を足下に見る崖の上に、浮かび上がるように建てられた数寄屋造りの不老庵。
水面に映る月光を取りいれた趣向を凝らした竹網代天井と、生きた槇を使った「捨て柱」を基準に建てられています。
この槇の木は、建てた当初から不思議なことに伸びもせず、太くもならず、成長が止まったままなのに、枝葉は青々と茂っています。



        
こちらは、臥龍院。幕末まで歴代大洲藩藩主の遊賞地でしたがその後、補修もされず、自然に荒れたゆくままだったものを、明治になって、「河内虎次郎」氏が構想十年、工期4年の歳月と、延べ9,000人の人手を要して築いて、現在の山荘となっています。

四国の旅行の締めくくりは、主人のお友達の住まう大洲のご案内です。

愛媛県大洲市は、昔で言うと「伊予の国」で、(伊予の中にあっては、東予、中予、南予と、三分されており)、南予になります。
「おはなはん」の舞台になったところでもあります。 ちなみに、愛媛県の県庁所在地は松山です。(念のため・・・)
また、鵜飼いでも有名です。 私も、初体験してきました!! (英語版ブログを見て下さい。)

そして、タイトルに書いたように、一番のおもてなしが、いろいろお気づかい頂いという事です。

2か月先でなければ予約出来ない、幻の「霧の森大福」(抹茶をたっぷり使った、あんやクリームのほどよい甘さが大人気)を頂けたうえ、お土産に買うため、すご~い山里まで寄っていただいたことなど、数えたらきりがありません・・・・

四国はお遍路さんをもてなす「お接待の心」が、自然に備わっているというということでしょうね。

我々ガイドもそうありたいものですが、相手の為ではなく、自分の喜びとして、相手をもてなすという気持ちが、深く根ざしているような気がしました。 本当にその通り、私たちも四国で充分もてなしていただき、とても楽しい旅となりました。

特に、「愛媛」には「愛」があるのだそうです。(主人のお友達が、強調していらっしゃいました。)

そんなわけで、訪れた場所での人との触れ合いが、旅をいっそう楽しいものにしてくれるのだな~とつくづく感じ、ガイドとしての心構えを新たにさせられる旅となったわけです。

熱海も、訪れた方々がそう思って帰って頂けるような、まちにしていきましょうね!!

2010年7月24日土曜日

かっぱエビせんが売れるよ!




日本海に面した岩場を観る遊覧船上で、テトラポッドに停まっているカモメのいるところに差し掛かったので「かっぱエビせん」を撒きました。すると突然何羽ものカモメが船を追い掛けてきて、啼きながら付いてきました。ちょっと圧倒される景色でした。

熱海でもカモメが「かっぱエビせん」に喰らいついてくるのかどうか実験したいものです。そしてもしその結果がOKならば、海岸付近のお店屋さんにとって良い商売になるとは思いませんか?(ここでウインクマークを入れたいところです)。

以上7月13日の英語ブログを転載致しました。

2010年7月23日金曜日

伊豆山の日の出

暦の上で一年で一番早い日の出が4時28分でした。
つゆ明けが近い頃でしたので雲の断層から光が七色に輝き素晴らしかった。
サッカーW杯そして全英オープンゴルフとテレビ観戦ですっかり時差ボケ!!
久し振りに新聞まとめ読み。スポーツ記事に目が留まりました。
南ア日記
酔えるワイン酔えぬワインの現実。オランダが準決勝を戦ったケープタウン周辺はワインの産地。山間地には広大なぶどう畑が広がる現地ではボトル1本250円位で買える1000円も出せば上質のワインが飲める。個性的なワインを見つけたラベルに陸亀の絵が描いてある。その名もスローワイン。つくってる農場を訪ね販売担当の人に聞くと・あくせずせず、亀のようにゆっくりと暮らす・というコンセプトのほかに農場付近に生殖する陸亀の保護の目的もあるという。開発が進み亀を守るため。ワインを飲みながら環境問題に思いをはせた。」と記されていました。どこの国でも悩みは同じですね。

臨時打合せ会のお知らせ

☆ ホテル・旅館へのAGCのPR資料作成にあたっての打合せ 

及び

☆ ブログメンバーの打合せ

の日取りは

7月27日(火)夜7:30より栗本邸で行うことになりました。

お忙しい皆様ですが、いつもブログに投稿下さる面々は是非ご出席下さい。
車に乗り合わせて行くことになるので、出席出来る方はブログ上又は事務局までご連絡下さい。

遅めの時間ですがよろしくお願いします。

2010年7月22日木曜日

朝焼けの海


猛暑日が続いています。皆様、お元気でお過ごしでしょうか。
「外に出ると、干物になってしまいそう。」ここのところ、暑さ表現にこんなことを言って、笑われています。(大笑)
疲れが残っていたり、睡眠不足だったりすると、熱中症になりやすいそうです。心して気をつけたいですね。
熱帯夜。夕べもそうでした。ヨタカの私は、早起きは苦手なのですが、寝苦しくて今朝は珍しく4時半に目覚めてしまいました。
そして、久し振りに早朝の散歩へ。神々しい日の出と、朝焼けが美しい海の風景をカメラにおさめることが出来ました。早起きは三文の徳かな。やっぱり、熱海はいいな~。大好きです。
それにしても、ずいぶん、日の出が早くなったことに驚かされました。
朝オンチのwindyをお笑いください。
熱海にお泊りの観光客の皆様。
早起きをして、ぜひ、美しい朝焼けの感動を味わってください。
nataryeさん
イタリアへ行かれるのですね。うちの娘は今月の末から3ヶ月間、イタリアへ行きます。
熱海のお祭り、本日テレビ静岡(8チャンネル)で6時10分過ぎ頃、放送です。
ご覧になってください。

2010年7月20日火曜日


maroonさん、松山城のアップをありがとうございます。秋山兄弟のうちとても立派ですね。当分いかれないので、maroonさんのブログを見て自分を慰めています。さて19日は海の日です。友人と初島まで遊びに行ってきました。灯台の上から、熱海方面を撮ったら、偶然ヨットが映って夏らしい一枚になりました。 小学校もあと3日で夏休みです。

8月の定例会

8月1日の定例会はいつもの通り15時より熱海図書館で行います。

定例会に先だつ分科会もやはりいつもの通り13時より熱海図書館で行います。この日のテーマは特に決めておりませんが、ブログの打合せや、今後の研修予定など、色々話し合いたい案件をそれぞれ自由に出し合って、相談しましょうということになりました。そんなわけで、出来るだけ大勢の方々のご出席をお願いします。

先々の予定は早目のお知らせの方がよろしいかと思い、飛び入りでブログアップさせて頂きました。



再び、四国


mahyanさんの、ご希望にお応えして、「坂の上の雲」ゆかりの写真を載せてみました。

この写真は、松山城です。お城の入り口まで、ロープウェイあるいは、リフトで登ることが出来ます。





ここは、秋山兄弟の生家です。 想像以上の立派な屋敷で意外でした。



これは、坂の上の雲ミュージアムです。
松山出身の秋山好古・真之兄弟、正岡子規の3人が主人公になっている、司馬遼太郎の小説 「坂の上の雲」を軸としたまちづくりの中心を担う施設です。
 
また、安藤忠雄氏デザインによる三角形という大胆な形状の建物も注目です。
昨年の暮れにNHKで、「坂の上の雲」第一部が放送されましたが、三年がかりで、第三部まで、撮影、放送される予定です。
今、放送中の「坂本竜馬」と合わせて、四国が熱~いです。
でも、四国と言えば、お遍路さんですよね!!
私も、いつの日か、歩き遍路をしたいな~とずっと思っております。
どこかの国の総理大臣ではありませんが、お遍路をしたいと思う人って意外と多いのではないでしょうか?

梅雨も明け、熱~い猛暑日が続き、少しお疲れ気味のメンバーの方々、元気に夏を乗り切りましょうね!!
8月の定例会は、1日で間違いはありません。(あるメンバーから、質問されてましたので・・・)  そして、ビール祭りに繰り出そうじゃないかと言う話も出てましたっけ・・・・
英語研修はあるのでしょうか?  また、定例会の開始時間が2時なのか、3時なのか、はっきりわからなくなっているみたいです。 chieさん、確認をお願いします。
(今夜パソコンの調子が悪く、やっとアップ出来ましたが、19日に間に合いませんでした。)

2010年7月17日土曜日

祭りが終わると、さあ 梅雨も終わり!

Wakkoさん、昨夜はお祭りへのお誘いありがとう。
久しぶりに熱海の雑踏と活気を体感しました。
そして今朝、梅雨明け宣言はまだのようですが、経験から見るともう梅雨明けですね。
空を見上げると飛行機雲が高く高く昇っていました。
朝から国道は他府県ナンバーが列を作っています。今日から夏休みのところもあるようです。
祭りの準備や諸々の用事でしばらくブログから遠ざかっている方々を始め皆さ~~ん。
元気で夏本番を迎えて下さい。

2010年7月15日木曜日

熱海来宮神社こがし祭り






熱海来宮神社のこがし祭りが始まりました。
午前10時より、神社にて神事が厳かにとりおこなわれ、県指定無形文化財の鹿島踊、神女神楽、浦安舞も奉納されました。
私の住む清水町は、20年ぶりに今年度お祭りの当番町のため、町内が集結して準備が行われついに本番を迎えました。
今朝は7時半に神社に集合して、私も神事その他に関わるお手伝いをいたしました。
夜は各町内の山車が練歩き、さながら、熱海の夜はお祭り一色の賑わい。
地域のつながりが希薄になった現在、昔のようなつながりが甦るお祭り。いいですね~。
一方で、こどもが激減して、来年度お祭りが出来なくなる町内もあるとか聞きました。寂しいかぎりですね。その町内はお囃子を年配のおばちゃん達が担当していました。それはそれで、「おやっ」と注目されるものがあり新鮮でしたけれどね。
お祭りに一生懸命参加して疲れたこども達。いい夢みているかな。
明日は二日目。御神幸行列がでます。私は朝7時から夕方までお手伝い。疲れなんか吹き飛ばして頑張らなくては。

2010年7月13日火曜日

maroonさん松山旅行のアップとても素敵です。たいへん貴重なものになってしまいました。はかない写し絵です。今一番行きたい場所が、松山です。坂の上の雲の舞台ですね。富士登山も始まって夏本番。いよいよあさっては、こがし祭りです。今晩は、浦安の舞の総練習がありました。ゆったりした琴や太鼓やしょうの笛にあわせて、中学生が見事な舞を披露してくれました。天つ風雲の通い路吹き閉じよ乙女の姿しばし留めん・・・の意味がよ~くわかりました。なんとも、いえぬ優美な美しさでした。

2010年7月12日月曜日

漱石と子規ゆかりの建物・愚陀仏庵(ぐだぶつあん)全壊

主人の同窓会の為、四国に行って来ました。

大学卒業以来、お互いの結婚式で会うことぐらいしかしていなかったらしく、(私達の結婚式が最後で)、かれこれ26年ぶりの再会となったわけです。
学生時代の友は、何年会っていなくても、すぐに昔のような関係に戻れるから不思議ですよね。
今回は、奥様も一緒ということもあって、「ちょっと、遠慮するかな?」と思っていたそうですけど、そうでもなかったということでした。
そういう意味で、多分私(いや、我々夫婦?)が、貢献していたのではないかな~と思われます。 (どういうことでしょうね?)

そんなわけで、楽しい時間を過ごしてきました。
例によって、晴れ女の私が四国にいる間は、ほぼお天気に恵まれて、梅雨時にもかかわらずいろんなところを観光してきました。

おもしろかったことと言えば、松山城でボランティアガイドさんがいて、写真を撮ってくださったのですが、帰ろうとしている私たちにガイドを、半ば押し売りの形でしてくださったことです。
熱海のまち歩きガイドと同じように、最近出来たガイドの会らしく、なかなかガイドする機会がないのでしょうね~、「連れが待っていますから。」と言っても、話をやめてくれませんでした。
気持ちがわかるだけに邪険にも出来ず、思わず失笑してしまいました。

そして、驚く事と言えば、9日の日に見学してきた「愚陀仏庵」(夏目漱石ゆかりの建物で、漱石が松山に英語教師として赴任してきたとき下宿していた建物を復元したもので、里帰りした正岡子規が訪れ、52日間一緒に住んだ家だそうです。)が、今朝の大雨で全壊してしまったことです。(上の写真が今ではもうありません。)

そして、みなさんにお知らせしなければならないことは、四国の高速にも覆面パトカーがいるということです。
なぜなら、ご想像通り、我が主人(私ではなかったのでよかったんですけど(笑))が捕まってしまったから・・・・ 
気をつけましょうね!!

そんなこんなで、今週はもうお祭りですね、nobyさん、さぞ忙しいことでしょう?!
お祭りが終わって落ち着いたら、ブログメンバー中心になって、ホテル・旅館に配るパンフレット作りをセッティングする予定です。 ご協力お願いします。

2010年7月9日金曜日

富士山開山


7月1日 富士宮村山神社で登山式典が行われました。
富士山を世界遺産にする熱海の会のメンバー45人で参加しました。
滝の前で地元の小学生も交え身を浄めた後ホラ貝の響きと共に登山口へ移動オノで縄を断ち切り開通・山伏たちが一斉に登り始めました。
イギリス大使夫妻が参加して、神社では登山安全の祈願の矢が四方の天に放たれ、護摩焚き神事が行われました。
式典後富士宮浅間神社にお参り、そして名物焼きそばなど買い物ツアーとなりました。最新型酔わないバスで楽しい1日でした。
AGCから預かりました伊豆3市宣伝チラシをイギリス大使館・富士観光課の人たちにお願いしました。
少しでもいい結果が出ればうれしいです。

2010年7月7日水曜日

来宮神社御神幸行列まであとわずか


今年はわが清水町が来宮神社の20年に1度の責任当番町になっています。節分祭は無事に責務を果たし、いよいよ後1週間後にせまった400人前後からなる御神幸行列の最終打ち合わせの段階に入りました。いや~、それはそれは町内の皆さまの尽力がなければなりたつものではありません。マニュアルがあるようでないです。だから大変⇒そういう事が“祭り”なんだとか。皆の力を一つにまとめあげてやることが祭り事なんですって。意味深なお言葉を町内の長老から頂きました。皆さんの町内はいかがですか。

写真は7月16日来宮神社御神幸行列で浦安の舞を踊る町内のかわいい4人の舞姫さん達です。

2010年7月6日火曜日

こがし祭りが、近づいてまいりました。清水町は、初川橋の上で毎晩練習に励んでおります。
笛に小太鼓、大太鼓の熱海ばやしが、我が家の窓の外から涼やかな風と共に聞こえてきます。
浮かれて練習を見に出かけたら、涼やかどころか、橋の上は、強風が吹いておりました。高いマンションが建って、いわゆるビル風が吹いているのです。太鼓の練習も、容易なことではないようです。お囃子係の皆様、子供会の役員さん、本当に御苦労さまです!

2010年7月5日月曜日

西紅亭に行ってきました。




まち歩きガイドの研修で「西紅亭」(ホテル池田別館)に行ってきました。

普段茶事に利用されているため、お茶をたしなむ方以外は訪れる機会の少ない、敷居の高い場所であったため、今回の研修は予想以上の20名以上のメンバー(プラスゲスト)が参加し、 女将の案内で、敷地内の茶室や日本庭園を約1時間かけて見学してきました。

坪内逍遥の「双柿舎」のすぐ近くで、梅園が梅まつりをやっている時、「梅・桜文学コース」の途中にあり、こんな素敵なところで、御抹茶を飲めたり出来るといいな~と思わずにはいられない場所でした。

熱海の中の素晴らしい財産を、もっと引き出せて、熱海の良さを訪れてくれたお客様に知ってもらうという橋渡し的活動も、ガイドの大事な役目ですよね。
熱海に住んでいても、全然知らないことや、行ったことのない所が多い事に驚かされます。

観光客ばかりでなく、地元の方にも是非熱海のことを知ってもらう、まち歩きを行っていけたらいいなと思いました。

 

2010年7月1日木曜日

林家たけ平おもしろ落語講座のお知らせ


テケテン テテンガ テンテケテンテン・・・・・・・テケテン・・・
今日から7月。本格的な夏の到来です。
今夜7時から、熱海市の各町内では一斉に7月15,16日に行われる来宮神社「こがし祭り」のお囃子の練習がはじまります。
我が家にも、笛や太鼓の響きを風が運んでくれます。「あ~今年もお祭りが・・」と子どものようにワクワクする瞬間です。
はっぴ、腹掛け、股引き、手拭など子ども用お祭り用品も店頭にならびました。
「林家たけ平おもしろ落語講座」のお知らせです。
・日時    7月14日(水) 10:30~12:00 
・場所    プランタンビル4F
・木戸銭  1500円
・内容    落語と音楽
今回はプロ落語音楽家(三味線)をお呼びしています。落語家が寄席に出る時、三味線と太鼓の音楽にのって出てきますが、それぞれの落語家にその人の音楽が決まっているのだそうです。例えば、演歌・長唄・童謡などなんでも有りだとか。
楽しい話と音楽の演奏が聞けますよ。こんな機会はめったにあるものではありません。
皆様、お誘い合わせてご参加くださ~い。
お問い合わせは 090-8323-7017(石井)まで。