2010年4月30日金曜日

オンたま錦ヶ浦 しゃしん・さんぽ


地元を撮りつくしたアダチさんと行く~に参加しました。
昨夜の大雨も去り晴天、新しく買い求めたデジカメ持参で集合場所に向かいました。10:00集合いざ出発。雲ゆきがあやし…雨雨雨なのに、さすがにカメラマンの足立さん慌てることなくカメラアングルなど説明。スタッフから配られたレインコートを着て30分遅れの出発!雨の中撮影開始目的地かの名所
では晴れ!景色の説明を聞きながらエメラルドの海、岩に打ち寄せる波の白さ、波紋、自然の美しさに吸い込まれそうでした。

いい写真を撮るには何度もその場所に時間を選び行き、光と影を心がけるように初心者の私にアドバイスを頂きました。
参加者10人大満足の笑顔で2:00船着場で解散でした。
錦ヶ浦物語は明日のブログをお楽しみ下さい。

2010年4月29日木曜日

おぼろ月?・オレンジ色の月



昨夜は楽しみにしていた満月でした。激しく降り続いた雨はあがったものの、空は期待はずれの黒雲で真っ暗。
ところが明けて、今日の0時過ぎ、写真下の満月が雲の谷間から顔をのぞかせました。
早速、映像を確かめると月はほんのり桜色。こんな月の映像ははじめて!「素敵な春色の満月」しかも、霞んでみえます。これがおぼろ月か?大気の影響か、”菜の花畑に入日うすれ・・・・おぼろ月夜”歌にもあるように季節と関わりが深いのか不思議いっぱいです。
そこで、何となく初めに霞について調べてみました。
「霞のいろいろ」:気象観測では霞は一つの現象として特定されていない。空や遠景のかすむ原因は、霧、靄(もや)、層雲、巻層雲、高層雲、煙、煙霧、黄砂など、さまざまだからである。俳句では霧は秋の季語で、春の霧は霞、夜の霞は朧(おぼろ)である。
そういえば、雨上がりの後、夕方から夜にかけても結構濃い霧が山並みに立ち込めていました。
春の霧は霞。夜の霞は朧(おぼろ)。そうだ、おぼろ月なんだわ。
おぼろ月:ぼんやりかすんで光の弱い月。春の夜に多い。自分なりに納得したのですが、良いでしょうか?
ちなみに、おぼろ月の出ている夜を、おぼろづくよ、おぼろ月夜ともいうそうです。情緒がありますね~。
以上、桜色がかった月からの寄り道でした。
ところで、一夜明けた今日の月。初島の真上にオレンジ色の月が昇りました。幻想的で、これまた不思議な色。海面にさざめく月の道もオレンジカラーの道でした。
オレンジ色の月の不思議について、どなたかご存知でしたら教えてください。
AGCの皆様へ
新緑がまぶしい”姫の沢アスレチックコース・春探しハイキング”ご一緒にしませんか~。気持ちいいですよ~。

2010年4月28日水曜日

“潮騒のたわむれ“


chieさんVivra Vivreに行ってまいりました。昨日ニューアカオに泊まった海無し県群馬からの友人親子とNobyとHoroちゃんの4人で4月25日(日)久しぶりに快晴に恵まれまれVivra Vivreにランチしようということになりました。このパスタ料理はネーミングでオーダーしてしまいましたが、“潮騒のおたわむれ”ってとこで、Horoちゃんは即女性シェフの味と言い当てました。欲言えばもっと味訴求点をはっきりしてもらいたいってとこかな。雰囲気は木造造りのあったかさがあり、窓から見える風景も素敵です。この日はたまたま富士山が見えて群馬の友人のお母様もとても喜んでいただきました。

皆さんも是非一度天気の良い日にお運び下さい。

2010年4月27日火曜日



2月まで、小学校で、理科支援の仕事をしていました。写真は、5年生と一緒に作ったみょうばんの結晶です。4月からは、講師として、算数、理科、家庭科、社会の授業をやっています。まさに、老骨に鞭打つような毎日で、総会のはがきは出し忘れるし、下見がなんだかわからないし、chieさんに、ご迷惑かけてしまってごめんなさい。明日の夕方に連絡させていただきます。maroonさんの投稿を読んで、ああ、いずこも同じだなあと感じております。ふつうの主婦だって、よき家庭人だって、たまには、はめをはずしたい、のんびり友人と語らう夜があってもおかしくない!と私は思います。うちでは、つい先日、夕飯のメニュウを、急きょかえただけで、ダーリンに、(おまえってうそつき)と叱られてしまいました。長年連れ添っても、うちの主人は、いまだに謎の怪人です。アレレ、格調高きガイドクラブのブログに、こんなことかきこんじゃって・・・・チェソンハンミダ!

一日遅れになってしまいました。


昨日が本当は私の番だったのですが、映画のレートショウを見に行っていたら、12時を過ぎてしまいました。
今、話題のアリス・イン・ワンダーランド(3D) を見に行ってきました。(もちろん女友達と)
3Dなので見ごたえありましたが、3Dに目が慣れないせいか、2~3回涙が出てきてしまい、終わったら目が充血していました。そんな状態で運転するのはちょっとどうかな?と思い、お茶してたら遅くなってしまいました。

主人より5分前に帰りつくことが出来ました、正直者なので映画見に行き、つい5分前に帰りついたことを話したら、「素人の奥さんは10時頃には家に帰っているものだ!」と言われてしまいました。
どう思いますか? かなり頭古くないですか?
まあ、何を言われてもあまり気にしませんけどね・・・(笑)

先日、茶懐石を頂くというお料理のお稽古に行ってきたのですが、その時先生が、「女性のお稽古は、暇があって、経済的余裕があって、周りの理解があって、ずっと続けられたという人の方がまれで、中断しながらでも、細く長く続けられた人の方がものにしていくのですよ。ぜひ、頑張ってください。」と、言われました。

何事も、周りや、自分と折り合いをつけてうまくやりたい事をやっていこう! と、今日も自分に都合のいい風に解釈して決意を新たにした私です。
ちなみに、今回のフラワーアレンジメント、もう夏って感じでしょう? 今年の春は一体どうしちゃったんでしょうね。

2010年4月24日土曜日

今日こそ本当に私の番です。

今週次々とびっくりする程コメント書き込みがありました。おつかれさま!

「下見」について、そろそろまとめに入りますがMahanさんいかがですか?もしかしたら私がご返事を見落としてるのかも知れません。いかが、いかが、とpushしてごめんなさい。

皆さん、人数をまとめた後、今度は一度でも分科会に来られたMr.ONDとMr.KBYに、5月の勉強会は中止ですと伝えるつもりです。これで良いのですよね?

写真はご近所の猫好きのお宅の6匹のうちの1匹です。「何をそんなに喧々諤諤やってんの?」と言ってるようでしょ?

2010年4月22日木曜日

熱海の植物研究園






熱海市相の原にある植物研究園は、年一回だけ、今の時期に一般公開されます。
植物研究園は、リコー三愛グループの創始者である故市村清・ユキエ夫妻の別荘(清恵荘)でした。その後、リコー三愛グループの保養所として使用されましたが、昭和63年、ユキエ夫人が他界され故人の意志によって、新技術開発財団に寄贈されました。
財団では、平成4年から植物研究助成の開始に当たり、植物の育成及びその計測技術研究が実施可能なよう環境整備を行い、平成3年10月植物研究園として開園しました。
園内には渓流が流れ、数多くの樹木や草花、苔類等が植物生態系を構成しており、周囲を山や木々に囲まれ、静けさの中に小鳥のさえずりが聞こえる恵まれた環境です。
庭園は、樹木やせせらぎを自然のままに活かし、池や庭石などを巧みに配した見事なもので、それらが70余年を経て日本庭園としての風格を保っています。
熱海を訪れてくださる皆様、来年のこの時期にぜひ植物研究園へおいでください。
また、この植物研究園において、早稲田大学の三輪由敬之教授が「植物のコミュニケーション」を研究しておられる、という興味津々な話を聞きましたので、次の機会に書き込みをいたします。
お楽しみに・・・。


(写真) ① 植物研究園門
      ② 池
      ③ 渓流(に沿ってせせらぎの小径を歩きました)
      ④ ミヤマツツジ
      ⑤ 庭石に落ちていた椿一輪

2010年4月21日水曜日

朝のwalking


今朝は娘の方が早く起きてJollyを散歩に連れ出されてしまい、仕方なく一人で海蔵寺から梅園経由で来宮神社前を通り図書館から下だりサンビーチにでました。時間は午前7時30分。砂浜では中国人らしき男女が何組も奇声をあげて写真を撮りまくっていました。Nobyに近寄って来てシャターを切れと言わんばかりにデジカメを押し付けてきた中国系の若い女性とちょっと会話したけど、大連に行ったことがあるよ、のことをダーリャンとかターリャンとか言ってもぜんぜん通じない、鳩が豆鉄砲食らったような顔していた(笑)。確実に中国系が日本にかなりやって来ていると実感しました。中国語の基本的挨拶とか、基本動詞、名詞等また勉強しようか真剣に思いました。皆さんもどうですか。

あっ、今日は私の番ダ!

先週土曜日、熱海のあるホテルからアメリカからのゲストにスタッフが足りずフロントを手伝ってほしいとの依頼があり、地の利もあって皆さんに相談をかけず私とMr. Hkayが分担してアテンドしました。Hkay氏は網代の船釣り、私はホテルでちょっとした案内係。釣りは今後のAGCの活動の一環に組み入れられるでしょうか。真鶴の次に,みんなで体験しても好いカナ?? こんな写真も時々アップしたいものですね。

2010年4月20日火曜日

海 


4月の今頃は、沖縄でも、大潮の日にサンゴ礁の上を歩いて貝をとるそうですが、サンビーチもかなり潮がひきます。写真真ん中のコンクリートが下までむき出しになる日、波に濡れないようにコンクリートの手前から向こう側へ砂の上を走り込むのは、結構どきどきする遊びです。コンクリートに寝転んで白い足をだらりと下ろした若い女性グループをみたことがあります。健康的な脚線美は、七尾の大根干しを想像させて実に愉快な気分になりました。本来なら磯遊びにもってこいの季節なのにこの頃の天候不順にはがっかりします。

2010年4月19日月曜日

春うららⅡ



windyさんと同じ富士桜の写真です。 なんとかボケずに撮れたと思っているのですが・・・いかがでしょうか?

今日は春らしいお天気になりましたが、本当に今年の天候は油断できませんね!!

しかも、アイスランドの噴火で食品の流通の問題や、今年の春の寒さで農作物に影響が出てきていることやら、暗い話題が多くて困ったものです。

そこで、我がクラブのTOKO 尾澤さんの 「気軽なセッション TOKOクラブ」 のご紹介をいたします。

毎月第1火曜 昼3時~5時 ¥1,000 (ワンドリンク付き)   次回は5月11日(火)
毎月第3金曜 夜7時~9時 ¥1,500 (ワンドリンク付き)   次回は5月21日(金)

   生ピアノ演奏でお客様参加の歌や楽器のオンステージで楽しいひと時をご一緒しませんか?
   初めての方も、見ている方も、新しい出会いに世界が広くなる事も・・・

会場:カフェリディアン Tel:0557-81-9053(野田)  熱海市中央町18-8 清水町バス停横(グルメシティ前)


ということですので、時間のある方は是非参加なさってください。 楽しいひと時を過ごせること間違いなしです!

2010年4月18日日曜日

京都の桜、桜、桜

大学時代の仲間と久しぶりに奈良、京都を旅しました。目的は京都の桜見物。奈良は十数年ぶりです。昔と変わらず鹿達がのんびりと迎えてくれました。丁度、平城遷都1300年を記念して開かれている「大遣唐使展」を奈良国立博物館で観た後、公開前の平城宮跡の周りを見学。古の奈良の都へとタイムスリップした気分になりました。




京都の町は丁度桜が満開で、どこを歩いても桜がいっぱいに咲き乱れ、訪ねた原谷苑、仁和寺、竜安寺、天竜寺の桜は言葉に表せな程に素晴らしく、桜の美しさを満喫できた旅でした。

原谷苑は個人の所有で500本程桜が植えられ、枝垂れ桜は数百本と言われています。桜の間に黄色い山吹、真っ白な雪柳、濃いピンクの海棠も咲き、夢の世界が展開します。
                仁和寺の御室の桜は2-3メートルと背丈が低く、「わたしゃお多福、御室のさくら。ハナが低ぅても人が好く」。。だそうです!
  竜安寺と天竜寺の桜

2010年4月17日土曜日

オープンカフェを見つけました。




熱函道路を函南の方へ向かうと、街へ出る少し手前左側にサークルKがあります。その信号を右折し、少し行くと菅沼建設という目印になる建物があり、そのすぐ右脇の車から目に止まる位置にVivra Vivre と小さく書かれた案内板があるのでそこを左折して下さい。オープンしてまだ1年くらいのカフェです。

入ると広~~い窓がひらけお天気が良ければ富士山が一望できます。(あいにく霞んでというより曇っていて見えませんでした。その後も富士山が見えるような好いお天気の日がありませんネ)

有機野菜を使った軽食やスイーツとクスッ笑えそうなネーミングのハーブティーのメニューでした。食事もいいけど、お菓子とお茶でゆっくりおしゃべりするのに最適です。喧騒を避け、寛ぎのひとときを味わうことが出来るでしょう。

カレーライスとハーブティーの一例を写真に収めました。

2010年4月14日水曜日

はるうらら





市内の桜が終わっても、名残を惜しんで御殿場まで花追っかけをしてきました。
富士桜(御殿場市花)が見頃でした。
富士桜は、富士山麓に多く自生し、樹高は3~4m位で、小さな花が樹いっぱいに咲いていました。つぼみも可愛らしいピンクの花。
「はるうらら」 桜の樹の下にいると「しあわせ~」といつまでも感動が波打って、花のそばを離れがたい気持ちになるのは私だけでしょうか?
日本の春、日本の花、素晴らしい~。
(先日の懇親会の時、Maroonさんやchieさん達に「御殿場桜」と言いましたが、富士桜の誤りでした。ごめんなさい。)

羊、執事、ツツジ。


ジョリーと毎朝通るサンビーチのサンデッキで撮りました。よく手入れが届いています。さくらの次はツツジですよね。今朝6時半ごろ撮ったものです。是非見に行って下さい。季節が確実に変わるのを感じます。

2010年4月13日火曜日


写真は来宮駅脇の電話ボックスです。昔岩手県の先輩が、木に赤いりんごがなるのは、見慣れているが、黄色い実がなっているのをみるのは、初めてだと感激していたのを思い出しました。職場の上司は多賀でみかんを作っていて、先日もおいしい八朔をいただきました。親戚も湯河原のミカン農家なので、もう少し待っていると、夏ミカンが届くはずです。ああ、待ち遠しい!

2010年4月12日月曜日

4月11日(日)第18回総会も無事終わり・・・


会員の皆様、昨日の総会お疲れ様でした。
新しく熱海国際化推進プロジェクトチームもたちあがり、又、新メンバーも加わり、ますます活気あるクラブとなってきました。
あとは、ガイドの実績を増やしていくことですよね~。 なんとか昨年度よりは、今年度は増やしたいものですよね。
この懇親会のエネルギーを持ってすれば、大丈夫かな?という気もしますが・・・・・

昨日はnobyさんがいなかったせいか、幾分静かな懇親会だな~などと思っていたら、やっぱりそんなことじゃ終われないということで、いつもながらの賑やかなパーティとなりました。
なぜか、こんな感じじゃないと、「今日は、どうしたんだろう?」と心配になってくるのはどういうわけでしょう?

今年度も、明るく元気に仲よく頑張りましょう!!

2010年4月10日土曜日

これも桜です


19世紀のパリの内戦で犠牲になった、恋人や子供たちを含む一般市民を追悼するための鎮魂歌だったそうです。5月のことでした。

今ではは宮崎駿のアニメ「紅の豚」の中で加藤登紀子さんが歌った淡い恋のシャンソンとして知られていて大好きな歌のひとつです。

サクランボ実る頃 鳥たちが歌うよ 誰かに恋して・・・・

2010年4月9日金曜日

春オンたま始まりました


 今日駅10時集合 石坂浪漫 アクア祭典などイベント関係者がそれぞれのジャンバーを着てポスター、チラシを持って代表市来さんを囲んでワイワイ街中に出発しました。
 私はチーム里庭の人達と第一ビルのお店に挨拶まわり。どの店舗の人々も大変好意的でポスターなど快く受け入れてくださったのには驚き嬉しいことでした。
 ガイドクラブも今年秋オンたまには乗り遅れないように参加して宣伝しましょう。

 先日 伊豆の霊山「日金山東光寺」をご存知ですか?市内の有名なドクターとお話してる時、聞かれました。
 「ガイドをしているのでしたら是非行ってください。」とタクシー券を頂きましたので余り気が進みませんでしたが友人を誘い桜見物のつもりで出かけました。姫の沢公園近くを入りますと赤い登りが立ち並ぶ道を奥へ奥へ不安な思いで着きました。
 住職さんは、若い長身のスポーツマンのような方でしたが、熱海でのご自分の使命感を持って熱海での永代納骨堂建立の熱い思いを語って頂きました。重要な情報を知ることができた貴重な一日になりました。

2010年4月8日木曜日

旅立ちの船出



熱海新聞に、”住み慣れた島から船出”の記事が載っていました。
「県内唯一の有人の離島、熱海市初島で船出のセレモニーが行われた。高校進学のために島を離れる初島中学校卒業生3名
を島の住民が港で見送るもので、今春は男女3名が住み慣れた島から旅立った」との内容。
高校進学時の早い旅立ちです。
内容と写真を見て、旅立ったのは、私が熱海市立初島保育園に勤務していた時に生まれた子ども達であると知りました。あれからもう、13年の歳月が流れたとは、感慨深さもひとしお。初島の子ども達は、高校進学時にみんな島を離れます。その船出の時、島中の人たちが見送りに港に集まるのです。船が出港すると、「ほたるの光」が流れ、送る人送られる人をつなぐ色とりどりのテープがやがては切れて、海面に浮かび、島の人たちの「頑張れよ~」「からだに気をつけてね~」、声は船が小さくなるまで届けられ、手を振って送られます。
早い旅立ちに、送られるほうも送るほうも、胸キュン、涙ありの感動の船出。
私も2年間の勤務を終えて島を去る時、同じようにして見送られました。可愛い子ども達、保護者や島の人達、島に自然にとけ込んで保育した2年間。島ならではの貴重な経験を終えて去る私にとっては、思い出を胸にきざんで、ちょっとつらい別れの船出でした。
この時期、島にはうす紫色の花だいこんが可憐に咲いていました。

2010年4月7日水曜日

ちょっとレトロじゃありませんか。


今朝5:30に起きるやいなやJollyとwalkingに。自宅から海蔵寺経由で来宮駅にでて熱海図書館前を通りそのまま熱海駅へ。途中に龍宮閣のレトロな街灯を見つけ撮りました。昔はここも観光客で賑わったのじゃないかな。そんなことを思いながらここまではかなり汗をかきました。さてそれから東急イン前にでて国際医療福祉大学を左手に見てサンビーチをとおり帰ってまいりました。 70分8200歩でした。皆さん飲み会もさることながら歩こう会も一回やってみませんか?

2010年4月6日火曜日


泳ぐには、まだまだはやい春のサンビーチです。海岸沿いの桜が散ると、波にのって砂浜にうちあげられ、桜貝だと思って近ずくと、桜のはなびらだったなんてことが、よくあるのもこの時期ならではです。家族連れや、卒業旅行の学生グループで賑わった春休みももうおしまい。ゴールデンウィークまで、しばしの静寂につつまれます。ムーンテラスから海中をのぞいてみました。海藻が大きく育っていてその間を小魚の群れが元気よく泳いでいます。サンビーチの春は、生き物の誕生と成長の季節でもあるのです・・・・・以上自然のアルバム風リポートでした。

花より団子?




4月3日の日のお花見はいかがでしたか?
残念ながら私は参加できなかったのですが、先週の火曜日に上野に行ったのでついでに花見してきました。
どちらかというと、花より団子っていう感じで、「豆桜」という三段重ねのお弁当を頂いてきました。
このお店は、昨年友達に教えてもらったのですが、「韻松亭」といい、創業は明治8年で、その130年の歴史の中には横山大観がオーナーだったこともあるそうです。
会席料理のお店ですが、昼間は、お弁当や、花籠膳などあり、気軽に行けます。 とてもおいしかったです。
(文化会館の裏側の、桜の道沿いにありま~す。)

4月号の家庭画報で「桜の名所、東海道、お花見昼膳」小田原・熱海・御殿場・名古屋・草津・大津 という特集を載せていて、熱海の「茶寮 和び」というお店が紹介されていました。
皆さんはご存知ですか?
友達が行ったと聞いたことはあるのですが、私は、行ったことがなく、「店の周辺は、3月末ころから一斉に桜が開花し、3つある和室からも山に点在して咲く桜が楽しめ、その先には陽光を浴びたうららかな相模湾が姿を見せます。」という文句に心ひかれ、桜が咲いたら是非行ってみたいものだな~と思っていました。
で、明日はお休みなので、主人と行ってきま~す。(結果はご報告させていただきます。)

M邸での花見の後の二次会皆様ご苦労様でした!!
S氏の歌も聴けて、花見は参加できませんでしたが、十分楽しめました。 ありがとうございました。

2010年4月3日土曜日

幕山に行ったことがありますか?

今年2月20日から3月20日の1カ月の間に3回も転びました。

1回目は車道から歩道に上がる時縁石につまずいて、いっちょうらのズボン(なんだかパンツという言葉に慣れなくて・・・)の膝を破いてしまいました。(いらないものはいつまでも破れたりしないのに!!)
2回目はぬかるんだ熱海梅園の歩道の段差で、水たまりをよけたつもりが膝と手をついてしまい、
3回目は平らな道路のかすかなはずのくぼみにつま先をとられてバタン。だれも見ていなかったかしらときょろきょろ。

「これは尋常ではない! 脚の筋力が落ちている。もっと歩かねば。」と思っていたところへ「幕山を歩こう」とのお誘いがあり標高625mならマ、イイかと登ってきました。(歩き慣れた方には丘に毛の生えたような程度です)写真はその証拠。真鶴半島が眼下に伸びているのを見るのは爽快でした。

2時間と少し程度の山歩きでしたが、膝が大分弱っているのに気付き、2日間筋肉痛にヒヤヒヤしながら階段を上り下りしました。









2010年4月2日金曜日

お座敷遊び体験

投扇興を体験してきました。

【投扇興】
江戸時代1773年(安永2年)頃から流行ったお座敷遊戯の一つ。
台の上に「蝶」と呼ぶいちょう形の的を立て、1メートルほど離れた所に座り、開いた扇を投げて蝶を落とし、扇と蝶の落ちた形を源氏物語54帖になぞらえた図式に照らして採点し優劣を競う。
(寿大吉様パンフレットより引用)

桜に染められた庭園を眺めながら、三人の和服姿の芸妓さんに囲まれて楽しみました。桐壷・夕顔などの言葉に刺激され、源氏物語を読みたくなりました。

熱海では4月、5月に、「オンたま」の10種類のイベントが始まります。みなさんのご参加をお待ちしております。

4月3日(土)23:00より、NHK BS1で「関口知宏のオンリーワン 日本を元気にする若者たち」に熱海の「市来広一郎」さんが出演されます。観桜会に浮かれている方々も、お忘れなくご覧ください。

2010年4月1日木曜日

如月の望月 WINDY②



3月30日(火)は、如月の望月(満月)でした。
久しぶりに臨めた満月は、かぎりなく美しく優しく・・・。
3月は1日と30日の2回満月の日がありました。
これはとても珍しくて、フルムーンというそうです。

花冷えの日にも桜は咲いて WINDY ①






3月30日(火) 朝日新聞 天声人語掲載記事より

「桜の開花宣言のあと、冬のような花冷えが続く。ほころび出して足踏みしたまま、春爛漫はおあずけを食わされている。今日は陰暦の2月15日にあたる。桜を愛した平安末の歌人、西行の「忌日」である。<願はくは花の下にて春死なむそのきさらぎの望月のころ>は名高い。新暦の季節感だと、「如月に桜?」だが、旧暦は今が「如月の望月(満月)の頃」だった。
西行は、願い通りの死を迎えた。望月より一日遅い16日に没したが、歌聖を慕う後世は15日を西行忌とした。」


花冷えの日が続いた熱海。桜は咲いています。