2010年2月27日土曜日

春よ来い、早く来い

4日暖かい日があったかと思うと次の3日は真冬に逆戻りという3寒4温を繰り返しながら春が近づいてくる今日この頃です。まさに首を長くして春の訪れを待っています。


2010年2月26日金曜日

「ハイチの子供たちを救おう!募金」の御礼

熱海ガイドクラブの代表をはじめ、会員の皆さまにご協力いただきました。

1月31日に実行委員会を立ち上げて以来ほぼ1か月、「期待以上」などという言葉では言い尽くせないほど大きな額の浄財が集まったのは、関係者の努力の賜物ではないかと思います。

みぞれの凍りつくような梅園で、会員のHaseki さんがお友達とがんばってくださり、また酒井代表の奥様、Sさん、mahyan さん、windy さん、chie さんが募金活動に参加して頂きました。

特に会計のMaroon さん大変お疲れさまでした。ご主人様も銀行に何度も足を運んで助けて頂きました。

お陰を持ちまして、国連児童基金(ユニセフ)に昨日2月25日に約950,000円を送金することができました。

今に思えば、寒い最中でしたが、役目に夢中で過ごし、多くの方々のお力でこんなに大きな結果となり、ハイチの子供たちが少しでも笑顔を取り戻せる役に立ったのではないかと思います。

皆さまの温かさや優しさにこころより御礼申し上げます。

2010年2月25日木曜日

しだれ花桃を咲かせたい






世界中の人々の関心を集めているバンクーバー五輪。

スピードスケート、カーリング、フィギュアなどのテレビ観戦に見入りながら、開催国カナダの人々の温かい応援を感じています。
そして、笑ってやって下さいな。
単純な私は「カナダに行ってみたい」とも、思ったのです。(笑)

さて、女子フィギュア、ショートプログラムを夢中になってみました。浅田真央ちゃん、頑張っていますね。
小さい頃からの夢をかなえて五輪出場を決めた真央ちゃん。不調を乗り越え、「一生懸命練習してきたので、自分を信じてやるだけです」と、言った真央ちゃん。
演技が始まる時は、緊張が伝わってきて心臓の鼓動は早くなり震えました。トリプルを決めた時は、思わず涙が出そうになりました。

誰でも一生懸命頑張っている姿には、感動を受けますね。明日のフリーでも、「自分を信じて悔いのない演技をしてください」と、日本、熱海の地よりエールを送りましょう。

ちなみに私も、休耕地再生のため、頑張っています。

かつて、私の知り合いのおじいちゃんとおばあちゃんが、丹精込めて、紅白しだれ花桃が見事に咲いた畑がありました。
二人が亡くなって荒れてしまった畑を元気にして、昨年より良い環境で「しだれ花桃を咲かせたい」と、がんばって畑作業を始め、汗を流しております。

(写真) 作業前・後
       花桃の木にはつる植物が巻きついて悲鳴を
       あげています。
       きれいに取り除くと「ありがとう」とお礼を言わ
       れて、いい気持ちです。
       畑の木や葉っぱに感情があるように思えるか
       ら不思議!
      
      3枚目 (Q)さて、木に登って作業しているのは
                 誰でしょう?
           (A)    windyです。




    














2010年2月24日水曜日

誕生日

昨日、誕生日が近いということで立川にいる次女とHoroちゃんが渚町のイタリアンレストランのMONでのサプライズのセッティングでとてもHAPPYな夜を過ごしました。記憶にある料理は鯛のカルパッチョ⇒ガーリック味のアサリの酒蒸し⇒生ハムとゴルゴンゾーラのトッピングのピザ(塩分がかなりありそうですので蜂蜜をかけました)⇒雲丹のパスタ⇒娘が持参したケーキ4個、1個目は黒胡麻(セサミ)ケーキ、2個目はマルーン味、3個目はリキュール味で4個目は完全に思い出せません。⇒カプチーノを頂きました。この間白ワインは2本飲み干しました。美味だった。AGEの反省会もMONを利用しましょう。本当にリーゾナブルな料金で美味です。

2010年2月23日火曜日

金色夜叉3


恋に狂った宮はとうとう貫一の家におしかけます。貫一の苦しみなど完全に無視。「もう来ないでくれ!」と罵られると、せっせと手紙を送り、謝ったり、恋の告白をしたり・・・・かなり情熱的。これぞストーカー行為ではないでしょうか?ちなみに、この手紙、富山が元気のない妻を気使ってプレゼントした硯と筆を使っています。いやはやなんとも・・・・・・・・・・・

2010年2月22日月曜日

「ハイチの子供を救おう募金]終了!!


多くのみなさんのご協力の下、今回の募金活動終わることが出来ました。
予想以上の反応のおかげで、沢山の募金が集まりました。
本当にありがとうございました。

27日土曜日に手伝ってくださった方々を交えて、セレモニーを行うそうです。waccoさんから連絡があると思いますので、関係者の方は、よろしくお願いします。

私は梅園での募金活動となったのですが、同時にまち歩きガイドの梅園散策も行われていて、メンバーであるwaccoさんや私は、募金活動の為、まち歩きガイドのお手伝いはお休みさせてもらいました。
皆快く協力してくれ、本当にありがたかったです 。
昨日お昼を食べるとき、久しぶり梅園の梅の様子を見ることが出来ました。
しだれ梅がピークを迎えていました。 多くの人で、梅園はにぎあっていました。 でも、もうそろそろピークを過ぎたかなという感じでした。
毎週梅園に行ってても、周りの風景に目をやることもなかったな~と反省しています。

そう言えば、mahyanさん的発想で見回せば、もっと面白い風景が見つかったかもしれせんね。 今度は、挑戦してみます。

これから、3月7日までの梅まつり期間中のまち歩きガイドを手伝っていきます。 11時スタートのまち歩きガイドと歩く梅園散策を一緒に歩いてみませんか?

2010年2月21日日曜日

また”偶然”?

18日の雪には驚かされましたねェ!驚き、感嘆の写真が沢山載っていて、思いは同じと感じました。私もその日は東京住まいの友人達と箱根一泊の予定でしたので、早めに起きてびっくり。でも、めげずに出かけ、大成功でした。湯本から乗ったバスがホテルに着くまで、車窓から眺めた雪景色の美しさは息を呑む程に素晴らしかったです。nobyさんがしばしば載せて下さっている雪景色を実感出来ました!!それにしてもホテルを出て散歩の途中、仙石原に、それもと桃源台へ?と迷っていた分かれ道の信号でnobyさんの乗った車に出会うなんて、偶然も偶然。楽しいハプニングでした。

今日、梅園へ行って来ました。梅もそろそろ満開の時期を過ぎつつある様な気がしますが、沢山の来園者でいっぱいでした。足湯を楽しむ人達、梅園橋(うめぞのばし)を渡って澤田美術館へ向かう人達も去年よりずっーと多いようで嬉しいです。

私の住むマンションでは大分前にお雛様を飾りました。もうすぐ春。何となく心が弾みませんか?
春に向かって楽しい計画を沢山たてましょう。熱海新聞に姫の沢自然の家でバーべキュウ施設が充実したと載っていました。外国人にもバーべキュウは人気があると思います。AGCのメンバーで事前調査(?)に行くのも良いかもしれませんね。






2010年2月20日土曜日

佐野美術館

関西から妹が来ていて今日はのんびり気の向くままにドライブということになり、熱海の梅園に向かいました。が駐車場へ入るのに待つのは・・・。気の短い妹に従い、梅園を通り越して熱函道路から三島へ向かい佐野美術館へ行ってきました。


今日から4月の5日まで 「ちりめん細工の世界」 ― ぬくもりの布遊びがテーマです。明治前後の世に作られた細かい細かい手作業の作品。現代もつるし雛に代表されるちりめん細工が伊豆半島はどこへ行っても見られますが、展示されている作品は、現代の作品以上に色合いがモダンで、お琴の爪を入れる巾着や着物の柄をうまく使った動物のデザインなど感心したりため息をつい足り。目の保養をしてきました。


大げさな芸術品とは違った身近な展示品ですが、楽しいひと時でした。
写真は美術館裏の庭園の鴨です。

2010年2月18日木曜日

白い息



朝目覚めて、カーテンを開けると外は真っ白!雪が降っていました。
熱海市街に雪が降るのは、私の記憶では30数年振りでしょうか。
外に出ると、「ウッ、寒い!」と身が縮まり吐く息が白く見えました。白い息、これは久しくなかった経験です。
息が白く見えるのは、呼気の水蒸気が冷やされて、凝結し、一瞬、霧になるからで、この白い息は気霜(きじん)とも呼ばれるそうです。
近年、この白い息は、熱海ではなかなか見られなくなりましたね。
元気象キャスターの倉嶋 厚さんが、以前「読売新聞」の「四季のたより」に、寒い朝はカラスの息も白くなると聞いたが本当だろうか、と書いたところ、読者から、カラス、ヒヨドリ、セキレイ、ヒバリ、メジロ、ムクドリ、九官鳥などの白い息を見たというた便りを15通もいただいた、と書いておられます。
「カラスの白い息は、少し開いた口先からフワッと出る時と、口ばしの付け根から両側に二つに分かれてシュウシュウと出る場合がある」という便りもあったそうです。
興味深い記事です。
ぜひ、「見てみた~い」ですねぇ。(笑)
(写真)ウォーキングの時、度々、防波堤で見かけるカラス二羽。今日の寒さに熱海のカラスも白い息を吐いているでしょうか。



2010年2月17日水曜日

またまた雪(3)


2月16日はまたまた雪。箱根に向かう途中まず十国峠に出るともう雪による接触事故でパトカーが交通整理していたし、乗り捨ててある車両、チェーンを四苦八苦して装着しているドライバーなど非日常的なことが当たり前におきます。このPHOTOは駿東郡小山町の冨士霊園付近で撮ったものです。路面はシャーベット状で面白いくらいよく滑ります。明朝はカチンカチンの凍結道路となります。皆さん滑りに出かけませんか。

2010年2月16日火曜日

金色夜叉2

宮にふられた貫一は、鴫沢の家を出て高利貸しとなり、血も涙もない商売をします。人々にうとまれ、友人にも蔑まれて苦しんでいます。がこの仕事を辞める様子はありません。対する宮は、富山の子供を産みますが、その子は三カ月で亡くなってしまいます。富山はそんな宮を労り、大切にするのですが宮は心を閉ざすばかり・・・ある日貫一の姿を偶然見かけた宮は、恋の炎を激しく燃やしてしまいます。(妻の身でありながら、やっぱり貫一さんが好き!なんて思うの、ちょっとどうなのかしら?)

2010年2月15日月曜日

バンクーバーオリンピック開催に寄せて


バンクーバーオリンピックが始まり、日本人選手が頑張っていますね。
オリンピック開催にあたり関連番組がいろいろ放送されていて、今夜長野オリンピックのテストジャンパーのお話が放送されていました。

注目された選手の裏に、代表漏れした選手たちの複雑な気持ちで行ったテストジャンプが日本へ金メダルをもたらしたという話だったのですが、最初は代表漏れし、待遇がまるでモルモットのような扱いに戸惑い、屈辱を感じているのですが、日本に金メダルを取らしてあげるために、悪天候で目の前が見えない中、2本目のジャンプを行えるように決死の覚悟でテストジャンパー達が飛んでいったおかげで、2本目を飛ぶことが出来て、日本に金メダルを取らせてあげることが出来たという内容でした。

そう、あの原田選手が一本目を悪天候の中飛んだあと、続行が困難となり4位のまま順位が確定してしまうかもしれなかったというところを、悪天候の中テストジャンプが行われ無事飛べるということを証明し、2本目が再開されたという話です。
代表漏れし、選手とテストジャンパーのあまりの待遇の違いや屈辱感で、気を落としていた西方選手(リレハンメルオリンピックで銀メダリスト)が、日本に金メダルを取らせるために飛んだ130メートルを超えるジャンプは、記録も拍手もなかったけど誇りに思えるジャンプになったそうです。

それと、原田選手はリレハンメルオリンピックで自分のジャンプで金メダルを取ることが出来なかったことを気にしていて、西方選手のアンダーウエアーを着て、岡部選手の手袋をはめて、長野オリンピックでは飛んだそうです。

我々には想像もつかない困難や努力があって、観ている人に感動を呼び起こすのでしょうね。
そして、今回もまたいろいろな感動を見せてくれると思います。 その陰にある努力や苦悩を知ると感動も深まりますよね。
是非、自分の力を出し切って欲しいものです。 頑張れ、日本!!

2010年2月13日土曜日

SOFT RIMES(=樹氷)


このPHOTOは昨日2月12日に撮ったもの。こんなすばらしい樹氷は初めてです。たいがいは樹氷ではなく、樹雪です。この場所は芦ノ湖から強羅方面に車で3分の所。国道1号線の中で最も高い海抜に位置しているところです。

2010年2月11日木曜日

早起きは三文の徳


朝日新聞 「声」欄の記事に目がとまりました。ご紹介します。
恩返しにハイチの子ら救いたい
「私は戦後の混乱期の昭和21年1月に、姉と兄の3人で街に捨てられ、親を待ち続けた経験があります。その後、親切な里親に育てられ、結婚もしました。
事情は違うものの、親を失った悲しみはトラウマとなって、一生消えることはないでしょう。
私がもう20歳若ければ、恩返しにせめて2,3人の子どもだけでも養子にして育てたい思いでいっぱいです。
世界では、芸能人の方々もハイチを救おうと、もう立ち上がりました。
私も、町の公民館で仲間と小さなバザーを開き、ハイチの子どもたちに届けたいと思っています。」
大地震から一ヶ月。
ハイチは今もなお、100万人の人達が路上生活を強いられており、混乱と不安の中にいるとニュースで聞きました。
※話は変わりますが、早起をして外に出かけると、写真のような美しい風景に出会えます。早起きは三文の徳。
 さて、この写真はどこで撮ったかおわかりですか?

2010年2月9日火曜日

モグン


初めて募金箱を持って街頭に立ちました。

多くの人々が、募金に応じて下さいました。

この不景気で、生活の苦労は、はかりしれません。

それでも、人ごとではないからと、募金して下さる方が

たくさんいらっしゃって、頭が下がりました。「国境のなき医師団や

ドラえもん募金をしてます」とおっしゃる方もいらして、ハイチ地震に対する関心の高さを感じました。

手元のデータブックでは、乳児死亡率が、67.7パーセント、国民総所得が460ドル、人口の4分の3が厳しい貧困状態にある国だそうです。日本人の善意が、15000キロあまり離れたこの国の子供たちの、足元を照らす明かりになってくれますように・・・・・・・

2月5日(金)の駿東郡小山町の雪原

明日2月10日は朝8時30分から会社で試食会があり、先にblog upしておきます。冨士スピードウェイ付近の御殿場市小山町の雪原を撮りました。この日は冨士が綿帽子をかぶってしまっていた ので、あえて冨士山をいれませんでした。まったくすばらしいの一言。 

2010年2月8日月曜日

「ハイチの子供を救おう」募金のお知らせⅣ



「ハイチの子供を救おう」募金にAGCのメンバーの方もご協力いただき、又例会の時には、たくさんの募金を頂きありがとうございました。
おかげ様で、予想以上の募金が集まっているみたいです。 同じ地震国の日本で、「ハイチの子供を救おう」という呼びかけに、たくさんの方が素直に耳を傾け募金して下さる姿に感動を覚えました。 特に、小さな子どもたちに若い両親が募金させる姿など、まだまだ日本は捨てたものじゃないな~って久しぶりに思いました。
あと、11、13、14、20、21、と続きますが、引き続きご協力お願いします。

ところで、昨日の例会の前日ホームページの見直しのミーティングが行われました。
そこで話し合われた内容を、管理者のhonoさんと話し合いを持ち、来年度へ向け見直すこととなると思います。
昨年4月にスタートして、もうすぐ1年の節目を迎えるに当たって、やっと自分たちの手で見直すことが出来るまでになったのだな~と思います。 honoさんの長い間の御苦労なくては、ここまでやってこられませんでしたよね、本当にありがとうございました。 これからも、どうかよろしくお願いします。

その会議の中で、米国のヤフーの見方を教えてほしいとのことでしたのでお知らせします。
ヤフージャパンのトップページの中の、ヤフーサービス所の[一覧]をクリックし一番下の世界のヤフーの中にあります。
そして、Atami Baien と検索をかけると、1ページ目にGuide Courses of AGC と出てきます。
カナダも1ページ目、イギリスは2ページ目でした。 覗いてみてください、おもしろいですよ。

では、皆様にご心配をかけている(?)血糖値の再検査に明日出かけてきますので、今夜は早く寝ます。
写真は、chieさんが昨日清水橋で募金活動しているところを撮ってくださったものです。

2010年2月6日土曜日

ハイチの子供たちを救おう!募金」に寄せて

現地の子供たちの近況が今日も報道されています。

売春や臓器売買が目的で、詳しい調査もせず、養子縁組という名のもとに子供たちが連れ出されているそうです。

この惨状を黙って見ているわけにはいかない、と立ち上げられた募金活動です。日々伝えられる現地の様子を以下のニュースサイトで読んでみてください。そして街角でエプロン姿の募金の呼びかけを見られたらどうぞご協力お願いします。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100205-00000999-yom-int

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100205-00000301-wsj-int

http://www.jiji.com/jc/zc?k=201002/2010020400592&rel=y&g=int

2010年2月5日金曜日

やっとこさ終わりました。 節分祭。



やっとこさ終わりました。一ヶ月以上準備にかかり、豆まきはほんの40分位で終了。なんか、エッ、もう終わり?といった感じでした。この準備はどういうものかはこれまでのブログをご覧いただければお分かりいただけると思います。ともあれ無事に終えることができ清水町町内の方々の結束がまた強くなったと思います。終えた時の皆さんはみんな笑顔でした。みなさん本当に寒い中ご苦労様でした。

ハイチの子供たちを救おう!募金

大震災に見舞われたハイチの子供たちを救いたいという熱海市内の女性の有志があつまり、
この度1月末熱海の大先先輩の女性達に声をかけて頂きまして突然大役を引き受けることになりました。
日々、テレビや新聞で伝えられる現地の惨状を目にし、「他人事として見過ごすことはできない、何かできないか」と考え熱海実行委員会を立ち上げ会員は現在25人ほど賛同者を増やしながら、今月21日まで募金活動を実施することになりました。
私は主に梅園担当でエプロンをかけて募金箱を持って活動します。
2月6日(土)7日(日)11日(木)13日(土)14日(日)20日(土)21日(日)
その他熱海駅周辺、清水町バス停、スーパー近辺で募金しております
皆さんお一人でも多くの募金と活動協力をお願い申しあげます。

2010年2月4日木曜日

今日は立春。は~るよこい。は~やくこい。






昨日2月3日の節分の豆まきは、全国各地で「鬼は外~」「福は内~」と叫び声がこだましたことでしょう。
さて、今日は立春。立春とは、太陽の黄経が315度の時を言い、つまり現在の暦では2月4日頃になると言うことです。この立春の日から正式に春が始まるのです。
ところで、節分・星祭りといいますが、星祭りって?
星祭りの星とは、生まれた日と書いて星という字であり、人それぞれの誕生日にまつわる「除厄招福」するお祭りのことで、新しくなる年の運気に対し、邪気をはらって福を願う行事です。
節分は四柱推命など、易学・気学でも最も大切な変わり目となっていて、立春以降の日々では新しい運気に変化してくるというものです。
節分までは、前年の運気。立春一日だけは誰にとっても悪い方角は一切なく、何処へ行っても災悪はないが次の日から新しい運気が始まります。
ちなみに私の<本年の当り星>は、水曜星(吉運)幸い事多いが春夏はひかえめに ということです。
皆様にとって、新しい年が運気に恵まれ幸せ年となりますように。
立春にまつわる言葉で「立春大吉」があります。
待って、待って、ようやく来た春。希望の春。
そんな暖かな思いが込められているいます。
立春が過ぎて、すぐに「雨水」がきて、それから虫が目を覚ます「啓蟄」がくる。そして、あの春爛漫とした桜の満開の時期がやってくる。
春の訪れがいまから待ち遠しいですね。
熱海桜は散り始め、早咲き大島桜(写真)が咲き始めました。
それにしても、今日はさむ~い立春でした。明日、北海道ではまつげに霜がつくほどの寒さとか。
早咲き大島桜も、「早よ咲きすぎた~」とあまりの寒さに震えているやも知れませんね。
は~るよこい。は~やくこい。あ~るきはじめたみよちゃんが~、あ~かいはなおのじょじょはいて~、おんもへでたいとまっている~。
nobyさん、来宮神社節分祭のお手伝い本当にお疲れ様でした。7月はこがし祭りですね。
waccoさん、Maroonさん、「ハイチの子どもを救おう」に協力させていただきます。

2010年2月3日水曜日

積雪20cm 箱根~御殿場  寒い(アビイ)


行って来ました箱根~御殿場コース。ゴルフじゃありません、仕事です。行きは熱海を午前8時に出発で十国峠をまず目指しましたがここでもわれわれの前を走っていた車両は尻を振り振り上っていましたが峠頂上寸前でギブアップ。そんな車を横目に4WDでスタッドレス装着かつチェーンも搭載のわれわれの車はすいすいと行って参りました。2枚目の写真は冨士霊園です。ここのさくらは季節季節で本当に千変万化しますよね。

2010年2月2日火曜日

ヌ二 ワッソヨ


2月に入り、熱海にも雪が降りました。でも街中は冷たい雨。温泉が通っていて地面も暖かいですし、温暖な気候のおかげで、雪の積もることは、めったにありません。桃山の上の方に、ゴルフ場があって、小学生の頃、雪が積もると、緩やかな斜面を段ボールにのって滑ったり、雪合戦をさせてもらっていました。学年全員で行くので、それは賑やかでした。長靴の中までびっしょり濡れてしもやけができたりしましたが、体はぽかぽかして、とても楽しかったです。昔はみんなのんびりしていたのか、ゴルフ場の支配人さんがよっぽどいい人だったのか、そのあたりは、よくわかりませんが、授業を潰してまで、雪遊びをするなんて、今では考えられないことです。

2010年2月1日月曜日

「ハイチの子供を救おう」募金のお知らせ


皆さんご存じのとおり、ハイチで1月12日に大地震が起きて以来、心痛む報道も多々なされていますよね。
特に、子供たちに関する報道で、子供たちを人身売買の目的(その主な目的は売春・性的搾取・強制労働・結婚・臓器売買)で、 国外に連れ去ろうとする動きを監視するためユニセフが主要な空港に要員を派遣するというニュースがありました。
そして昨日、米国人10人がハイチの子供33人を連れ出しの容疑で拘束という報道もなされました。
そんな中、ロンドンの小学生チャーリー・シンプソン君(7歳)が、ハイチの大地震に心痛め、義援金日本円で約2140万円も集めたという心温まる報道もなされました。
そして、わがメンバーのwaccoさんたちが心動かされ、今回熱海の女性を中心とするメンバー(組織や政治、宗教など全く関係のない個人の集まり)で募金活動をしようということになりました。 私も微力ながらお手伝いさせてもらうこととなりました。
目的は、もちろん子供を救いたいということで、子供たちへ募金したお金が届くよう確認を取っています。
主な活動は、2月の土・日と祝日に、熱海駅・熱海梅園で街頭募金を行うというものです。
具体的には、2月6・7・11・13・14・20・21日で時間は10:30~12:00、12:00~13:30、13:30~15:00の3交代制で行う予定です。
是非、我がメンバーのみなさんにもお手伝いお願いしたいと思います。 (waccoさんに連絡してください。)
我が日本も地震国だけあって、他人ごとではないな~という気がします。 ご協力よろしくお願いします!!
そういうわけで、昨日は、10時半より熱海梅園のガイド、「ハイチの子供を救おう」のミーティング、AI(国際交流」の「外国人とのふれあいのつどい」と、3つの予定をこなし、今日、NTRY先生のところへお薬をもらいに行くこととなりました。
例年1月には伺っていたのですが、今年は何故かいろいろ忙しすぎて、2月になってしまったのです。 そう、花粉症の薬です。すでに、頭痛が始まってしまいました!!
皆さんも、いつも忙しくご活躍ですが体には気をつけましょうね!!  (他人事ではありませんけど・・・)
[写真は今回のフラワーアレンジですが、生けてから5日ほどしてから写真撮ったもので少し元気がありません。アレンジの先生、Mさんが見ていて下さったら申し訳ありません。 以後気をつけます!]