2010年1月31日日曜日

今日も朝から神社へ



見て下さいこのタオル。このタオルの中には福豆、福銭それと当り券が950本もあります。なぜタオルを丸く巻くのって? それは「鬼は外、福は内」と撒くとき遠くに投げることができると同時にもし顔や頭にあたっても怪我がないようにとの配慮です。2月3日はこのタオル取りで争奪戦が繰り広げられるのです。

2010年1月30日土曜日

搬入景品の検品とのし紙付け



いよいよ節分祭で使う景品が来宮神社に搬入されました。 のし紙を貼り付ける作業等は約1000個。子供会のお母さんたちや婦人会の方々にもお手伝いをいただきました。 おかげさまで今日のの作業がとてもはかどりました。 一等賞の景品は38インチのパナソニックTVと同じく38インチのソニーのデジタルTVが当たります。これはほんの一例ですが。皆さん2月3日午後4時30分スタートですがいい場所とりには遅くとも午後4時までに神社にいらしてください。大きな袋を持参し、背の高い人の傍にいない事。これがポイントらしいです。皆さん当りくじ付のタオルが播かれるとすごい形相になっての争奪戦となるみたいです。もうこれはバトルだそうです。

2010年1月29日金曜日

世界一長い木造の橋 蓬莱橋


昨年秋、伊豆東海岸グッドウィルガイドの研修会で蓬莱橋を見学しました。
「箱根八里は馬でも越すが、越すに越されぬ大井川」と言い伝えられてきたように、昔から大井川は旅人にとって難所でした。徒歩で渡る人々が多い中、余裕のある人は人足を雇い、輿(こし)に座って悠々と渡るかと思えば、人足に川の中央で値上げ要求をされ泣く泣く高い渡し賃を払ったなど逸話には事欠きません。水かさがますと幕府は何日も足止めをして、その間に怪しい人間の検問をしようと、橋を架ける気はさらさらありません。徳川家康の駿府城に近寄る人間を制限しようとの明確な目的もあったようです。

明治の世になり、いよいよ橋を架けることになりましたが、簡単に調達できるという理由で木材が採用されました。補修も簡単です。その内世の中が忙しくなってくると、この場所は幹線道路から外れているため、鉄やコンクリートに架け替えられることなく、もっぱら地域でお茶を栽培する人々のための農道として利用され、今日に至りました。

これらの要素が幸いし、平成9年12月にはギネスブックに世界一長い木造歩道橋として認定され、観光名所として人気を呼んでいます。全長897.4m 徒歩で往復40分かかります。

2009年8月7日の ブログ 「ロンドン橋の歴史」と比べてみて下さい。(笑)


2010年1月28日木曜日

春ですね~①





冬日和のある日、海岸の散歩道に一株の菜の花が咲いていました。
菜の花の黄は、ひっそりとあざやかに映ります。
小さな春を見つけた喜びに、思わずパチッ。
熱海は、「もう、春ですね~。」
色彩メッセージ(イエロー) : 日常的な幸せ・知性的・ユーモアのセンス など。
「春ですね~②」もご覧くださ~い。
あっ、そうそう、私windy は、1月31日(日)15:00~16:00
あたみFM フリースタジオ796(生放送)にゲスト出演します。
時間があったら聞いてくださ~い。

春ですね~②







熱海桜、満開です~。
夜桜見物も寒くありません。
遠くの稜線がきれい!!




2010年1月27日水曜日

裃(=かみしも)の着付け


節分祭まで残すとこあと一週間。 先週1月22日には町内公民館で裃=肩衣と袴の着付け教室です。雰囲気感じ取ってもらえますか。講師は来宮神社から来ていただきました。一人の男性に二人の女性がone teamになって着付けをします。当日2月3日は200人からの着付けをするそうです。慣れると酩酊している男性も数分で着せ替えできるそうです。モデルはMR.NTRY氏。 

2010年1月26日火曜日

トラク

仕事に疲れたな、と思うときは海沿いのコースを散歩することにしています。自宅からサンデッキ、ムーンライトテラスをぐるりとまわり、必ずサンビーチの砂の上を歩きます。戻って港の方へ・・・・・・
晴れた日には、青い海と空、緑の山と白いビル群が心をなごませてくれます。山の中腹を通る新幹線
急坂を下ってくるバス、ビーチラインを走る乗用車、島へ渡る船、波と風ととんびの鳴き声をバックミュージックに、しばし佇めば心身ともに、ばっちり充電できます。

2010年1月25日月曜日

「火の用心!!」

1月24日の糸川の熱海桜です。 ほぼ満開近い状態になってきました。
                                              ここ1~2週間が見頃だと思われます。 是非、梅園の梅とご一緒に糸川の熱海桜にも足を運んでください!!                                                                                                                 
ところで、私は今夜西山町の「火の用心」を呼びかける夜周りに出かけてきました。
熱海の中でこのような夜周りを行っているのは、西山町だけになってしまっているらしいです。
大寒の時期、空気が乾燥し火災の起こりやすい状態になっているので、ご近所に火の用心を呼びかけ、又、空き地になっているようなところは懐中電灯で照らし異常はないか確認するというような事をしてきました。
広~い西山町なので、上の組と、下の組に分かれて行うのですけど、それでも約1時間かけて歩くことになります。
皆さんご存じのとおり、西山は名前の通り、山なので、かなりの坂があり「火の用心」と大きな声を出しながら歩くと結構きついです。
まあ、私は若いほうの組長さんなのでいいとして、結構お年寄りの組長さんも同じように割り当てられているので、さぞ大変だろうと思われます。 
nobyさんの清水町も、節分に向けて大変忙しい思いをしてらっしゃるようですが、我が西山町も町内の安全のため、毎年力を合わせているというわけです。
そう考えてみると、私もすっかり熱海に根っこをはやして生きているのですね~。
なるほど、つい最近まで嫁だった私が、嫁を迎えることになるはずです!

2010年1月24日日曜日

偶然


ここ2,3日で梅園の早咲きの梅が大分咲きました!


17日のAGC定例会に行く途中で梅園に寄り、人込みをかき分け、急いで撮りました芸者さん達による野点の写真です。この日の定例会前の勉強会がnobyさんが用意下さった英語文での"Geisha & Kenban" Guide。偶然でしたが、とても勉強になりました。


これも偶然ですが、先日私の住んでいるマンションの図書室の整理を(私、図書係りもしてま~す)している時、現代日本美術全集のなかの安井曽太郎の画集を何気なく開いてみました。そこに水原秋桜子が安井曽太郎についての思い出として、「安井先生の数ある肖像画の傑作の中で、長与又郎先生の像もまた屈指のものである。長与先生は、私の東大在学中、病理学の講座を担当。。。。」と言う文を見つけました。長与、病理学。。??梅園の提唱者である長与専斎と関係あるかも?急に興味が沸き、グーグルさんに聞いてみました。長与又郎(またお)、病理学者、元東大総長、専斎の三男、との事です。何だか梅園より親しみを感じます。でも、皆さんはこの事ご存知かもしれませんね。



2010年1月22日金曜日

梅園の中の寛一・お宮の梅

熱海梅園の中には、紅白の貫一お宮の梅があります。
お宮さんが梅園でお見合いをしましたので、紅白の梅が梅園内に楚々と並んで咲き誇っています。

場所は、入口を入って左側のステージのある辺りです。探してみてください。

貫一お宮にはあまり関心がありませんでしたが、 熱海をガイドするようになって金色夜叉もだいぶ詳しくなりました。

※写真は、今日(2010年1月22日)撮影した「糸川沿いの桜」です。

千鳥


この冬も又、海岸が所々真っ白くおおわれるように、チドリが集まってきました。
渡り鳥らしくいつの間にか全く居なくなります。どこからきてどこへ行くのでしょうか。俳句の世界では冬の季語。確かに暮から寒い間見かける光景です。時間帯によっては、全く目にしませんが、多賀の海だけではなく熱海の海にもやってきているそうです。
写真は昨日の昼ごろ中野のガソリンスタンド前の海岸付近ですが、今日の昼はお天気が良すぎて散歩(?)に出ているのか、昨日の1/3位しか見かけませんでした。もっとインパクトのある写真をねらいたかったのですが・・・。
皆さんもいつもとチョット時間をずらして散歩に出かければ、もっと好いシャッターチャンスがあるかも。


2010年1月21日木曜日

うれしい出会い





遅ればせながら、2010元旦、熱海親水公園からの初日の出です。
水平線上には雲がかかっていましたが、厳寒に絶えて待つこと数分、海上及び初日を待ちわびているあたりのすべての人々や物が光で満ち輝きました。
その神々しさ、美しさにに思わず手を合わせました。
熱海の海岸から見る初日の出はお勧めですよ。

さて、私、1月17日、嬉しい出会いがありました。AGC会員のkさんが私と同郷の方であると知り、感激もひとしおを味わったのです。と言うのも、結婚して以来40年間、熱海の地で同郷の人に会ったのは初めてだったからです。kさんと私は、その瞬間から、不思議ながらも、ごく当然のように出身の岡山弁でお話をしていました。40年間しゃべることのなかった故郷の方言が日の出をみて、kさんのリードで湯水のごとく湧きい出、故郷の空、山、川、風があざやかに甦ってきました。故郷を離れた40数年前のあの日のことを、つい昨日のことのように感じていました。住んでいた所こそ違えど、同郷の親近感は格別ですね!
今風に言うと「超うれしい~~。」(笑)出会いでした。
私の故郷は、岡山県高梁市備中町、昨年NHK鶴瓶の家族に乾杯で放映されました。横溝正史の小説の舞台にもなっているところです。今では県下一の過疎地になっているようですが、国無形文化財指定の備中神楽があります。幼い頃は夜通し行われる神楽を訳もわからずに観ていましたが、今から10年くらい前、東京国立小劇場で備中神楽公演があり観に行きました。大人になって数十年ぶりに観た神楽は感慨深いものがありました。休憩時間にロビーでお弁当を食べていると地元の山陽新聞社の記者のインタビューを受け、「非常に懐かしく、故郷のにおいを感じました。」とかのコメントが記事になったのですよ。
そして、自慢は知る人のみが知るブランドの豆類。小豆や黒豆、ささげなど香りたかく、とても美味なのです。
以前、歌舞伎座に行った時、売店で「日本一おいしい備中のゆで小豆~!」と、銀座の甘味処の出店で売っていて誇りに思い、食して改めて「なるほど!」と故郷の味を再確認、感激しました。
大納言小豆は本当に日本一なのですよ~。
ちなみに私は、豆類の卸業をやっている後輩に毎年小豆を送ってもらっています。
なんだか、kさんとの嬉しい出会いから故郷自慢に発展してしまいました。あしからず・・・。

2010年1月20日水曜日

節分祭の景品作りで大あらわ! 



清水町の皆さん、今日は節分祭の景品作りにご協力いただきましてありがとうございました。福豆だけで8,000袋、福銭も5000個前もって紅白紐で穴通ししていただきまして重ねがさねありがとうございました。小学生の頃、節分は2月の年一回と思っていましたが、立春、立夏、立秋、立冬と日本ならではの四季にあります。今日は暦上では大寒で一年の中でも一番寒い日なのですが小春日和の温かさで節分祭での準備もはかどりました。町内の皆さん、明日1月21日もよろしくお願いします。

2010年1月19日火曜日

1月17日は、「金色夜叉」の貫一が、宮の弱腰を蹴った日です。今年も寒風の中、大勢のお客さまが、芸妓さんの踊りに魅入っていらっしゃいました。できるなら、もう少し広い場所で、多くの方が、楽に見られると良いと思うのですが・・・・
さて、あまりにも有名な金色夜叉ですが、そのストーリーを全く把握していないのに気がつきまして図書館から借りてきました。まだ前篇を読み終えたところですが、簡単にストーりーについて書いてみます。主人公の貫一は下級の侍の息子ですが両親に早く死なれ、鴫沢隆三にひきとられ、高等中学生になります。この鴫沢氏、貫一のおとうさんを恩人と仰ぎ、夫婦で息子のようにかわいがるのですが、ここの一人娘が宮なのです。二人は、許婚一歩手前の関係なのですが、貫一の方は、まっしぐらなのに、お宮は、少し曖昧です。お宮は、金持ちの富山に見染められ、熱海の梅園でお見合いをしたようです。そこへ追いかけてきた貫一が、登場!お宮の真意を質すのですが、お宮は、はっきり答えません。そしてあの有名なシーンとなります。30代で読んだときは、つまらなかったけど、今回は25歳で生真面目な貫一の悲劇に、同情してしまいました。ぐずぐずお宮の計算も見え隠れして、なかなかおもしろく読んでいます。17日は、新月から3日目、貫一が涙で隠さなくても、月は見えませんでした。

2010年1月18日月曜日

新年会ご苦労様でした。


皆さん昨日は、英語研修、定例会、それと新年会ご苦労様でした。 いつもながら、にぎやかな新年会となりましたね!! 
最近では、もう普通かな?!

初めて行われた、英語研修会、nobyさんの芸妓見番の文章、よく出来ていて、とても参考になりました。

あとは、少し歴史的なものや、芸妓の数の推移なども加えて、出来ればその時踊られる踊りの簡単な説明を加えたら?
というこになったと思います。

次回は梅園の説明を、maroonの担当で行う事となりました。
よかったら参加してください。
左の写真は、糸川の魚屋さんが近くの橋の上に金目を干しているところです。 その下には、Ms.Sさんたちが植えているブーゲンビリア、その後ろには熱海桜、なんと熱海らしい風景なんでしょう!
なんだか、のどか~な感じがして、思わず撮ってしまいました。

そしてこちらの写真が、ドランゴン橋近くの熱海桜です。
ご覧のように5分咲きになっていました。1週間でこんなに違うのですね。

ところで私は、まだまだ寒い中、今夜もウォーキングに行ってきましたよ!
明日は人間ドックなので、少し数値を意識してね・・・(エヘヘ)
なんせ昨夜は、焼肉にビールですもの…ね!
お互い、体には気をつけましょう!! 
(気持ちだけは若いのですけど…ね!)

2010年1月15日金曜日

はじめまして。wacco です。

はじめまして、wacco (HIKITA)でございます。

今年よりAGC 会員としてブログに仲間入りさせていただきます。私は、3月生まれ牡羊座の明るく行動的な性格です。

好きな字は「凛(りん)」です。これからの人生も凛として生きたいです。

広池ヨガ歴18年。指導者として、心身ともに過ごせるお役に立ちたいです。

水泳、ゴルフと健康には自信がありましたが、昨年12月は忘年会・クリスマスパーティーとお誘いに浮かれ酔いしれ、ほぼ1日おきに楽しみました結果、新年早々「胃カメラ」検査となり、なんと「アニサキス」が胃の中で暴れていました(その場で、薬を投入し退治してもらいました)。

思いの外、きれいな自分の胃の中を眺めほっとして、その夜は特別おいしいお酒で乾杯!!

「熱海ガイドクラブ」の会員と「熱海まち歩きガイドの会」の広報として、今年もがんばります。

水仙(narcissus)




伊豆下田爪木崎の水仙はそろそろ最終段階です。
花言葉: うぬぼれ・自己愛
ギリシャ神話に出てくる美少年ナルキッソスは水辺に映る自身の美しい姿に恋をし、見とれたままなくなり、その姿が水仙に変ったそうです。ナルシスト、またはナルシシストという言葉はここから生まれました。

ついでながらラッパ水仙はdaffodil。 かつてBrothers Four が歌ったSeven Daffodils は大好きな一曲です。

2010年1月14日木曜日



落語家、林家たけ平さんを応援しています。
たけ平さんは、林家正蔵さんの一番弟子、二ツ目で(落語家の階級は、見習い、前座、二ツ目、真打です)真打をめざして芸に精進していらっしゃる華と勢いのある落語家です。
たけ平さんとの出会いは昨年の後半。落語って、ふだん接することのない世界ですが、たけ平さんの落語をきいてからその話芸にすっかり魅せられてファンになり、落語を身近に感じるようになりました。
そして、たけ平さんを応援したい、落語の面白さ楽しさを友人知人と共有したい、という想いから「2010林家たけ平落語おもしろ講座」午前の部を開く運びとなり第一回目を1月13日に実施いたしました。(ちなみに午後の部もおこなっています。)
落語おもしろ講座は、はじめに落語に関する講義、休憩後に生の落語を一席聴くことができます。
あわせて一時間半くらいの時間ですが、実に面白い!実に楽しい!のです。大声をだして笑い、「面白くて涙がでた」という声も聞きました。何も忘れてただ、面白くて笑う自分を発見しますよ。ぜひ、会場で味わっていただきたいですね。
笑うことはいいこと。笑うと脳からドーパミンというホルモンがでて幸せを感じるようです。
落語は、カウンセリングを受けて得られる浄化作用があるな~と私は感じました。落語は楽しく面白く、落語に触れた時間を幸せにしてくれます。参加者のKさんは、「昨年母を亡くして未だにジメジメした生活を送っていましたが、久しぶりに心から笑えました。本当に楽しかった」と話してくださいました。参加者の皆さんもよ~いお顔をしてお帰りになりました。
よかった!よかった!
皆さんも落語の世界に触れてみませんか。会場でお会いしましょう。
2010林家たけ平落語おもしろ講座のお知らせです。
・開催日及び内容
 ①1月13日(水)  (講義)落語とは① と 一席
 ②3月17日(水)  (講義)落語とは② と 一席
 ③5月12日(水)  (講義)寄席の楽器 と 一席
 ④7月14日(水)  (講義)落語の歴史 と 一席
 ⑤9月8日 (水)  (講義) 話し方と朗読 と 一席
 ⑥11月17日(水) (講義)まとめ
・時間  10:30~12:00
・場所  プランタンビル4F(熱海駅から一分)
・参加費 1500円
お問い合わせはwindyまで。(090-8323-7017です。)

2010年1月13日水曜日

来宮神社 どんど焼



1月11日成人の日、来宮神社でどんど焼ということで当番町の清水町から5人半被(はっぴ)を着込んで参加。目の前でのどんど焼は初めて。神事のあと約4m四方の囲いの中に山とおかれた正月飾りや達磨を燃やし、本来の意味は「無病息災・家内安全」は周知の通りですが神火で正月飾りを燃やすことすなわちお盆での「送り火」のように「正月の神様」を送るという意味合いもあるそうです。消防団の方々30人位はいたでしょうかご苦労さまでした。

2010年1月12日火曜日

ヨンファ

ロマンス座で、「五つの銅貨」を母と見たのは、小学生の時でした。たしか立ち見だったと思います。忙しかった母が連れていってくれた唯一の映画です。中学の時、卓球部の仲間と「サウンドオブミュージック」を見たのもここでした。二人の息子もここでゴジラシリーズを見て育ちました。夫と「インディペンデンスデイ」を見たのはいつだったかな?
反抗期の息子と喧嘩して、真夏に家を飛び出し、ふらりと立ち寄って、「ポケットモンスター」を見たこともあります。最後にロマンス座に行ったのは、「ゴジラfainalwars」でした。もう息子達は付き合ってくれず一人で見にいきました。考えてみると、親子3代で通った思い出深い場所です。
ロマンス座は現在休業中だと聞きました。
急な階段、レトロなトイレ、お菓子の並んだガラスケース、とても懐かしくなりました。

2010年1月11日月曜日

今日の熱海桜・梅園




熱海桜がもうこんなに咲いていました。

少し肌寒かったのですが、海岸から糸川を通り、大湯、湯前神社、梅園とお客様を案内してきました。

去年だったら、もう少し咲いていたのですが、今年は寒いらしく海岸近くに新しく植えられた熱海桜の方がご覧のような状態でした。

梅園はと言えば、蠟梅は満開でしたがまだ全体には少し早いという感じでした。
それと、二日ほどブログを見ていなかったら、hasekiさんが、ちゃんとまち歩きの会の情報を投稿してくれてあったので、とっても嬉しかったで~す。

これから、梅園に行った人、熱海桜を見た人がタイムリーに報告すれば、現在の熱海の梅と桜の様子が見てくれた人にすぐ伝わると思いませんか?

まさしく、地元発信のブログの良さですよね!

これからも、皆で熱海を盛り上げていきましょう!

2010年1月10日日曜日

1年の計は?

                (我が部屋から日の出撮りました。。1月8日)
The whole year's planns are made on New Year's Day.

皆様はもう計画をお立てになりましたか?
私は昨年を反省し、忙しさに流され毎日を無意味に過ごさず1日に一つは自分にとって善い事、嬉しいことを探そう~っと。あれ?これってplanでないかな??


                (AGCメンバー、Mr.Oの撮影、梅一分咲きでも訪れた
                観光客は沢山いました)

第66回梅まつりが昨日から始まりました。

熱海まち歩きガイドの会も昨年に引き続き、期間中の土・日にガイド役を引き受けます。
コースは 3コースあり、曜日によりちがいます。出発は3コースとも梅園入り口11時発。
1 梅園散策 ー 毎週日曜。約1時間、澤田美術館庭園でのコーヒー付き

2 梅・桜・梅ウオーク - 1月30(土)、2月6(土)、11(木祝)、13(土)、20(土)、27(土)
約2時間 梅園散策ー丹那神社ー来宮神社ー大湯ー糸川ー海浜公園
3 梅・桜・文学ウオーク - 1月31(日)、2月7(日)、14(日)、21(日)、28(日) 
約2時間 梅園散策ー丹那神社ー来宮神社ー双柿舎ー海蔵寺ー芸妓見番ー起雲閣ー海浜公園
ガイドクラブのメンバーさんもお時間ありましたら是非参加されてみて下さい(各コース、一人500円)。

2010年1月9日土曜日

川崎大師・浅草寺・中華街バスツアー(2)




川崎大師の参拝を終えて一路浅草寺に向かいましたがここも、人人人人人人。ただ下町の風情というか昼間から数十件の露天の居酒屋が市民権を得て堂々と車両規制された道路に所狭しとでていて活気が非常にありどこの居酒屋に入ろうかとわれわれも興味津々。家族4人でもつ煮込みをつまみに熱燗をいただきました。娘二人と飲む熱燗は大変美味也。

さて、浅草寺をあとにして横浜中華街に向かう途中バスガイドさんの情報で海上保安庁資料館=横浜館に北朝鮮工作船が展示してあるということでしたのでツアーメンバーと分かれタクシーで海上保安資料館=横浜館に行ったのですが何と正月休館でした(涙)。タクシーの運転手さんが同情してくれて代わりに皆知っているようで知らない若い時の美空ひばり像に案内してくれました。美空ひばりが亡くなって2年後にできたそうです。横浜珍道中の一日でした。

    http://homepage3.nifty.com/tompei/NorthKoreaShip.htm

2010年1月8日金曜日

週は何曜日から始まるの?

小学校、いえもっと以前から一週間は日曜日から始まるって習ってきませんでしたか?

ところが、毎年イギリスのもうすぐ90歳になるという、いわば昔世代に属するはずの女性から送られてくるカレンダーはいつも月曜日から始まっています。

これを初めて見た時、週休2日・Week-Endというものが本当に定着しているのだなぁと感心しました。日本でも大手企業や銀行等そして児童・生徒・学生達は週休2日が当たり前になってはいますが、まわりを見まわすとまだまだという感じが否めません。そして慣れというのは恐ろしいもので、このWeek-End方式のカレンダーの使いにくいこと! 私にとって週休2日が定着していない証拠ですよね!

実用ではなく絵のつもりで壁に掛けていますが、このカレンダーに文化の違いを感じます。

2010年1月7日木曜日

熱海桜が咲き始めました。








気候温暖な熱海では、市内を流れる糸川沿いの熱海桜がもう開花しています。

熱海桜は、沖縄のコヒカン桜に続いて日本列島で二番目に早く咲く桜です。

その熱海桜の花を求めて、早くもメジロがやってきて、「チュク 〃 〃 〃」鳴きながら、動きまわっては蜜を味わっています。

その動きといったら、何ともめまぐるしく落ち着きのない、でも、愛くるしい様子です。

見ていてあきません。春をつげるメジロの姿も、はやばやと、熱海では楽しくご覧いただけますよ。

また、熱海梅園では9日から梅祭りが始まります。

新年早々、梅と桜が同時に観られるとは、楽しみも倍増ですね。

「そうだ、熱海いこう」(笑)  JRのCMを真似しましたが、お友達とご一緒に熱海にお出かけになってはいかがでしょう。


その節は、どうぞ、熱海ガイドクラブのご案内を・・・。

お待ちしております。

2010年1月6日水曜日

川崎大師・浅草寺・中華街バスツアー(1)



1月3日(日)年末には立川から帰ってきていた次女も入れて4人で読売バスツアーに参加。午前7時30分集合場所の三島駅から東名御殿場経由で川崎大師へ。10時過ぎ到着すると川崎大師表参道から本堂に向かいましたがまあ人人人人人人人人人人。熱海の神社では想像がつきません。達磨売りも真っ赤赤赤。目が痛くなるくらい赤。お賽銭大箱の中を覗いたらここも燃えるお金は少なく底の白地シートが見えていました。ちなみにお賽銭は風水でいうと115円が一番いいそうです。

2010年1月5日火曜日

ホランイ



我が家には二人の息子がいます。社会人になってからはとにかく自由。正月も帰郷することはないだろうな・・・と考えていたら、大晦日に二男がふらりと帰ってきました。この二男生まれた時から自己主張が激しく、育てるのには相当のエネルギーが必要でした。この子が初めて書いたものは「おにいちゃんに50えんかした これいじようかさない」という貸付証文風の文章です。いとこや兄弟が男ばかりの中でもまれたせいなのか、自分のトラの子はしっかり握っているタイプでありました。19歳の時にカナダへ語学留学させました。ところがホームステイ先をさっさと飛び出して、バンクーバーからトロントまで自転車旅行を始めてしまったものですから、私共は心配で胃が痛くなる日々が続きました。(やせなかったですけど) これはまさに、千里走って戻ってくる虎のような行動力です。ふらりと現れたこの二男、元旦二日と、家族に気を使い、おやじ殿の飲み会では、お酌したり、つまみを取り分けたり、八面六臂の大活躍。ついに疲労がピークに達したか、久保田や八海山でへろへろになり、最後は大トラに大変身しちゃいました。ちなみに皆さん、もう見当がおつきでしょう?この二男昭和61年生まれの寅年です。