2009年11月30日月曜日

クリスマスディナーにいかが?



昨日は、今月のお料理教室でした。
先生にお願いしてあったローストビーフを習ってきました。

今月のメニューは: 白身魚のカルパッチョ、グリーンサラダ、ローストビーフ、ヨークシャープディング、オストリッケ・コン・リーゾ(ナポリ風かきとライスの殻焼き)でした。

どうですか? 美味しそうでしょう? こんなお料理を作って、過ごすクリスマスなんて素敵だと思いませんか?

そして、フラワーアレンジメントのレッスンで作った今年のクリスマス飾りを飾り、キャンドルをともし、ワインを頂くなんてね・・・ 誰と???  

残念ながら、24日も25日もお仕事でお店での食事となり、家では過ごせません。 しかも25日の夜は、ヨガのレッスンです。 なかなか夢のような時間を持つことはできません。 (ましてや主人とではロマンティックな雰囲気とはいかないしね~~)

まあ、いずれ役に立つこともあるでしょう?!  ということで、フラワーアレンジメントの写真は次回ご覧にいれます。
chieさん、クリスマスリース明日にでも載せてください!

2009年11月28日土曜日

ライトアップされた梅園のもみじ




このPHOTOは11/26(水)にHOROちゃんとNOBYとJOLLYでライトアップの梅園の紅葉をwalkingを兼ねて見に行ってきました。 7~8人の方が先に来ていましたて、カメラを携えている人はアングルを決めるのに何度も何度同じところを行っては戻り行っては戻りやっとこ構図決定なのかバシャバシャと撮っていました。 

2009年11月27日金曜日

象をモチーフの一つとする熱海の陶芸家


今月のある晴れた日曜日、上多賀の山中に窯と住まいを構えるMM氏の陶房をたずねました。陶芸教室の生徒さんの作品とMM氏の昨今の作品が展示され、街中の喧騒を忘れ、川のせせらぎの中でおしゃべりを楽しみました。
いぶした金のデザインが、乳白色のようなグレーのような柔らかい色合いの中に溶け込んだようなこのカップに目が釘付けになり、わけて頂きました。この象の鼻のような取っ手をつかんでググッと飲むビールのおいしいこと!! 少し厚めの口触りと言い、この安定した取っ手の持ち具合と言い ウーン、感動です。皆様にもこのカップで乾杯して頂きたいものです。生粋の熱海っ子の陶芸家の作品で~~す。

2009年11月26日木曜日

まち歩きガイド養成講座、MOA美術館にて

前回のアカオ・ハーブガーデンに引き続き、昨日はMOA美術館にて研修が行われました。
能楽堂、黄金のお茶室、展示室、光琳屋敷と説明を受けながら見学してきました。
ちょうど、特別展示室が展示替えの為観ることが出来なかったのですが、常設展も説明を受けて観ると、びっくりするようなものが展示してあり、それも毎月展示替えしてあるそうで感心させれました!

私も年に数回は訪れていますが、それは特別展を見に来ているわけで、常設展はあまり気にかけていませんでした。
このような機会がなければ、きっとずっとそうだったと思います。

そこで、MOA美術館にどれだけのコレクションがあるかといえば・・・国宝3点、重要文化財65点、重要美術品46点を含む3500点の美術品を所蔵しているそうです。
こんな近いところにあるのに、その良さを熱海市民は本当に知っているのだろうかと考えさせれました。

そして、その夜はフラワーアレンジメントのレッスンで、今回はゲストのchieさん、horoさんも加わりクリスマス飾りを作りました。その写真は次回のお楽しみに・・・

2009年11月25日水曜日

ジョリです。よく眠れます。


我が家のジョリです。ドナちゃんを見たのでジョリをupしました。暇さえあれば横になっていますが、これで番犬をしっかりやっています。

愛犬用のおせち 1セット@3500でマックスバリューで予約とっています。これにはNobyもびっくり。お品書き:やわらかサイコロステーキ、チキンの八宝ミートローフ、鶏伊達巻、お多福ごまめ、紅白なます、芋きんとん、筑前うま煮となっておりました。犬の料理研究家が作った特性おせち料理と案内がありました。すごいね。

2009年11月24日火曜日

Boy friend をご紹介します



メンバーWaccoさん(またはWakaさん)の大事なドン君です。が、この名前ちょっと誤解を招きそうでドナちゃんと読んでいるそうです。13歳とは思えない可愛さです。皆様どうぞよろしく。

2009年11月23日月曜日

クリスマス飾り(2)

このクリスマス飾りが去年のものでした。 以前載せたものは2~3年前のものでした。 こうしてドライのお花は、何年も飾ることが出来るので楽しみですよね。  そんなわけで、うちにはたくさんのクリスマス飾りがあり、いろんなところに飾ってあります。

ところで、この連休中皆さんはどのようにお過ごしでしたか?
私は、いつも通り日曜しかお休みではなかったので、貴重な休みを使って美術館を2つほどはしごしてきました。
さすが、上野の美術館に連休中行ったもので、入るのに40分待ち、中では、展示物を見るのに並ばなければならなくて、また最前列で見ていると、後ろから押され、まるで満員電車状態でした。 あ~疲れた!
ところで、何を見に行ったかって? 「王室の名宝ー日本美の華」展と「冷泉家 王朝の和歌守」展です。

興味のある方は「王室の名宝ー日本美の華」は、 http://www.bihana.jp/
「冷泉家 王朝の和歌守展」は、  http://www.tobikan.jp/

特に「春日権現験記絵」が、先週の日曜美術館で「王室の名宝」展の中で取り上げられていたこともあって、興味惹かれるものでした。それは、鎌倉時代の絵巻の名品で、当時の人々の様子がとても詳しく描かれており、犬にたかるノミまでも描かれていたのですが、残念なことに見逃して帰ってきてしまいました。
あと、教科書でおなじみの「蒙古襲来絵詩」なども、ありました。
皇室が所蔵していたため、これだけのものが海外に流出せず状態も良く保存されてきたという点では、皇室の文化財に果たしてきた役割は大きいと言えるそうです。 

なるほど、そういえば梅園も民間に売られることを心配して皇室に献上したものを、市に払い下げになったんでしたよね。
う~ん、そういう点では確かに皇室の役割は大きかったのかもと思いました。

2009年11月21日土曜日

箱根は紅葉・黄葉もピーク。 こんなに色つきました。



今年8月12日と11月18日に撮ったもの。川は皆さんご存知の早川で、橋の名はだいもんじはし、場所は箱根宮城野。後一週間もすればみな枯れてしまうなんてさみしいけど自然の摂理かと。

今日は次女の愛娘さやかが町田より帰ってきます。ボジョレー村のワインで乾杯します。そうそうゴルゴンゾーラ(=ブルーチーズ)は辛いピカンテと甘口というかマイルドのドルチェに分かれますが、蜂蜜を少々つけて召し上がれ。日本人にとっても会う味になりますヨ。Have a try.

2009年11月20日金曜日

又かいな この木なんの木・・・・・



先日研修会のあった駿府城の紅葉山庭園で撮りました。竜舌蘭(リュウゼツラン)です。

本当は木じゃなく、蘭でもなく、リュウゼツラン科とかヒガンバナ科に属する植物という学者もいるそうです。
100種以上の種類があって、テキーラの原料になるテキーラリュウゼツランというのもあります。

花を咲かせるのに数十年かかるらしく、まん中の高く伸びているマスト(花茎)の先に開花した後植物は枯れます。このマストは管楽器ディジリデュの材料のひとつとして高く評価されているそうです。

2009年11月19日木曜日

まち歩きガイド養成講座、アカオ・ハーブガーデンにて
















昨日は、お天気もいい中、アカオ・ハーブガーデンにてまち歩きガイド実地研修が行われました。
私の記録違いでなければ、養成講座で行っている研修で、実際ガイドする場所へ行って研修するのは初めてではないかと思われます。
やっと、私の望んでいた研修が行われてよかったよかったと思い、仕事を少し早退させてもらって参加してきました。
写真のお花は「皇帝ダリア」で、もう一枚は、みんなで体験したハーブを使った石鹸作りを撮った写真です。なかなか楽しかったです!!
ハーブ・ガーデンも、アカオの方が詳しくガイドしてくださって、何度も伺った事があったのですが、知らなかったこともあり、有意義な時間を過ごすことが出来ました。 
                        
今、アカオ・ハーブガーデンでは、熱海桜を植えているそうです。もともと自生している大島桜と菜の花を植えて、1月から3月まで楽しめるようするそうです。 是非皆さんも、足を延ばしてみて下さい、きっと今までとは違うハーブ・ガーデンに会えると思いますよ!!
                                     
ところで、今日は、ボジョレー解禁日ですよね。皆さんはもう飲まれましたか?
私は、話題になっているイオンの980円ボジョレーを仕事が終わって家に帰ってきて、一人ブログを打ちながら飲んでみているところなのですが、う~ん、やはり2000円代の方がおいしいかな?なんて思っているところです。
まあ、うちには専門家がいるので、ワインの話はその方に任せることにしておきます。
                            
12月6日の日を楽しみにしていまーす!  Nobyさん幹事ご苦労様です。 よろしくお願いしまーす!!

2009年11月18日水曜日

12月6日(日)はYear end party、2009



日時:12月6日(日)午後 5時開場 

場所:清水町 イタリアンレストラン カフェリディアン

会費:6,000円

申込締切:11月25日(水)事務局 松田さんまで
       
ソムリエ山口さんのミニワインセミナー、クリスマス会そして忘年会を1つにまとめてしまったパーティです。

尚、当日12月6日(日)の定例会は15:00より図書館で通常に開催致します。 Photoは熱海市水口町の美容院美光さんのクリスマスデコです。総合庁舎左隣ですのでご覧になって下さい。感動ものですヨ。

2009年11月17日火曜日

この木なんの木 気になる木・・・

先日伊東へ行ったついでに伊豆高原駅まで足をのばしました。
駅前のこの格好のエエ木は楠です。切られたり、折られたりせず、まして雷に見舞われないとこんな風にスクスク育つのですね。

2009年11月16日月曜日

クリスマス飾り(1)


そろそろクリスマスシーズンですね。それに関連して今まで作成してきたクリスマスリースをご紹介しようと思います。これは、去年作成したものです。 壁に掛けるタイプのものではなく、床におくタイプのものです。 いかがでしょうか? リースの下に無地のクリスマスカラーの緑の布でも敷いて写せば良かったかなと思われます。 少し残念です!
                                 
ところで、昨日は、Mr.S さんのお手伝いで「尊厳死協会」の熱海での講演会と懇親会のお手伝いをしてきたのですが、皆さんは「尊厳死協会」ってご存知ですか?  
私はずいぶん前から知っており、簡単に説明すれば、「自分の終末期に無意味な延命治療を望まない」という意思表示をした人たちの会なのですが、たまに宗教団体などと誤解をされることもあるそうです。 決してそんな会ではありません。
                         
昨日のお話の中で心に残ったことを簡単にお話ししますと:
                                    
現在日本では、人工呼吸器をつけるかつけないかは選ぶことが出来るのに、一旦つけてしまった呼吸器は、決して外すことはできないのです。たとえつけている本人が強くそれを外すことを望んだとしても・・・
そういう状況で、最近ニュースになった相模原事件が思い出されると思います。ALS (全身の筋肉が動かなくなる筋委縮性側策硬化症)の長男の人工呼吸器を、本人の強い望みで停止させた母親を、また本人に頼まれ夫である父親が包丁で殺害した事件です。 こんな悲劇をこれ以上生まないためにも尊厳死を法律で認めてもらう運動を続けなければなりません。
                                             
と、ものすご~く簡単に書きましたけど、こんな内容だったと思います。
新聞の記事をよく読むと、心痛む事件ですよね。賛否両論あるとは思いますが、いろいろ考えさせられます。
         
それと、Mr.S さんが熱海を離れ湘南へ移られたのも残念ですが、ご家族の事情ということなので仕方ありません。
ちょくちょくお会いできるだろうと思いますので、これからもよろしくお願いします。
             
以上、昨日の報告でした。 あと、日本語ホームページのトップとカレンダーをいじっておきました。見てみてください!

2009年11月14日土曜日

富士山静岡空港見学



富士山静岡空港内2Fで広報担当の方から静岡空港の位地やアクセス方法を模型を使っての説明もあり皆さん真剣に聞き入っていました。(=PHOTO最上) 午後から雨もあがり風もまあまあおさまり,そこそこよかったです。ただweekendにしては利用客がとても少なく感じました。 空港があまりにも閑散としていました。 国内外の利用客数がもっともっと増えて利用人数が右肩上がりに是非なってもらいたいと思うのは私だけだしょうか。

2009年11月13日金曜日

英語版HP 12月1日開始を目指して

昨日のブログを受けて英語版HPを見ました
Administrator Hono氏の監修のもと、NobyさんとMarooonさんそして影の協力者 ショーン先生の尽力のお陰で、完成間近です。ありがとうございました。

英語版のブログ
「担当希望者この指たかれ!!」。
週に○○回なんてことになると続かないので4~5名で一人月1~2回くらいからスタートしてはいかがでしょうか?

日本語版ブログ
せっかく月曜日から土曜日まで毎日続けているのでこの形を崩したくないものですネ。
Haseki さん、Hkayさん、そしてWakaさんも、是非参加して下さい。三人加われば現行の三人は週1回になり、その分英語版に手が廻ると思いませんか?

事務局
今のところ私の性格そのもののように「なまくら」な運営ですが、役所への陳情等の書類作成の複雑なものはHkayさんが快く引き受けて下さるので、私は特に苦労しないで済んでいます。必要に応じてもっとメールを活用しなければと思っていますが・・・・。

当会の連絡先をここでちょっと整理します。
AGC事務局の窓口は 
電話
日本語版 0557-68-3930
英語版  +81-557-68-3930
FAX
日本語版 0557-68-5867
英語版  +81-557-68-5867

Eメール
日・英とも info@agcjp.com
このメールに対する返事は
agcjpnew@yahoo.co.jp より送信されます。 でいいでしょうか?

Skype
これは既にHP画面から通話可能になっているでしょうか?
当方直々の当事者の画面であるせいか、それとも12月1日よりスタートなのかずっとオフラインと表示されています。皆さんAGC事務所をスカイプで呼び出してみて下さい。(土・日・夜間は応答出来ませんが・・・。)

ついでに日本語版第7回写真撮影会
内容が同じだからなのか第6回の案内状がダウンロード版になっています。これは日時だけ年間予定の11月のカレンダーが示すように22日に置き換えて読んで下さいと言うことですか? (チト判りにくい!)

2009年11月12日木曜日

いよいよ英語版完成まじか!


今回のフラワーアレンジです。 上の部分はラウンドと行って丸く生けて、下の部分はブーケのように下に流すように生けるスタイルです。 いかがでしょうか?  次回はクリスマスのお花をやる予定です。 参加なさりたい方がいらしたら連絡ください。クリスマスリース程度なら一緒にやれると思います。(私が教えるみたいですね、もちろん先生にお願いしてみますからということですから・・・)
           
では、本題です。 みなさん我がブログの英語版を見ていただきましたか?
昨日ものすごい進化を遂げたのですよ!!  夏以降進めてきていた英語版への翻訳作業がひとまず完了し、昨日日本語から英語への直しが終了し、それをショーン先生にチェックしてもらい、それをhonoさんに打ち直してもらい、レイアウトを直してもらい、今アップしているのが最新のものです。
        
いろいろな方々に協力してもらってやっとここまで来ましたね、皆さん本当にご苦労様でした。
後は、honoさんがいろいろ手を加えて下さり、米国のグーグルにアップして下さるということですので一安心です。
                     
いろんなところから問い合わせがが殺到するようなことになったらどうしよう・・・  なんてことになるかもしれません??
まあ、その日を楽しみに待つこととしましょう。
                           
ところで、ブログの担当者を増やそうという話がいつも立ち消えになってしまうので、米国のグーグルにアップするのを期に、日本語の担当者、英語担当者をもう一度決めなきゃいけないなと思います。 
ブログを投稿する方法など、honoさんの所で勉強する必要があればそういう機会を持ちたいなと思うのですがいかがでしょう?  
それと、いつも思うのですがchieさんが一人で事務局の仕事をやってくれているのですが、これからますます仕事が増えてくると思われますので、それも役割分担を決めたらいいのではないのでしょうか?
皆さんの意見をお聞かせください。
                           
今日はとにかく英語版のホームページを見てくださいね!!

2009年11月11日水曜日

11/8(日)浜名湖立体花博

11月8日(日)AGC定例会の日にHoroさんが浜名湖立体花博に行ってまいりました。自由に走り回る牡馬と牝馬。左側すみの米粒くらいの大きさの観光客のサイズと比べてください。
静岡県知事賞受賞作品。『世界の平和』というタイトルです。長崎の平和記念像を模したもの。
BY HORO

「和の心にて候」MOA能楽堂公演のリハーサルを見学しました


2年前に行われた公演以上に熱の入った舞台になったように思います。
三部構成の第一部
太古の昔より日本の民族は天地、自然を大いなるものとあがめ敬っていた。
第二部
大いなるものを前に人々は集い、仲良く暮らすことを楽しんできた。
第三部
それが日本の心「和」である。大いなるものとの融合を「和」と言う。異質のものも調和し溶け合うことが実現できる。それが「和」である。

と、これはあまりにも簡単に私流に感じた舞台のストーリーです。

特筆すべきことはいろいろありますが最も感動した演目をお話します。
それは熱海の芸者さん達の舞踊。今回この舞台のために、私達AGCのよき理解者でもあるA師匠が振り付けを担当されたそうです。「華の舞」とは全く趣を異にした、この公演のための、「芸能」と言う言葉が似合いそうな舞踊です。必見の価値があると思いました。

舞台稽古の写真などめったに見ることはないので、皆さんもその場におられたつもりでどうぞご覧下さい。。

2009年11月10日火曜日

今日の日付を確保するために

あと10分で11月10日の日付が変わります。とりあえずこの一行投稿します。日付が変わってからゆっくり記事を用意します。水曜日の投稿がNoby氏のに加え火曜日の分が加わって2記事になりますがご了承を。

2009年11月9日月曜日

Maroonの英会話奮闘記(14)

今日の富士山です。静岡に行く途中、新幹線の中から撮ったものです。もう雪が積もっていました。
これから年末に向けて寒くなってくるのですね~。 そんな時は、「ゆっくり温泉に入りに熱海に遊びに来てください」と声を大にして言いたいですね!!

昨日は、定例会ご苦労様でした。 ホームページもいよいよ英語版が完成に近付いてきました。 
12月の定例会の時には、問い合わせが殺到しているといいですね・・・(笑)

では、今日のフレーズ:

show (someone) the ropes (こつを教える)

   I had a great first day at work. My new co-worker Jim showed me the ropes.

◆in good hands (信頼できる人に任せて)

   A: I'm a bit nervous about my new job. B: Don't worry, you're in good hands. Jim is going to show you the ropes.

◆self-deprecating (自分を卑下した、控えめの)

   Fred is self-deprecating about his musical ability. He says "Oh, I'm not that good."


最後のセンテンスは必ず覚えとおかなきゃと思う私でありました。

2009年11月7日土曜日

chieさんの箱根旧街道の続き=お玉ケ池


ここはお玉ケ池。 逆さもみじ山とは行かないけどちょっとは雰囲気でているかナ。 1702年4月27日伊豆大瀬村太郎兵衛の娘お玉さんが奉公先の江戸新田嶋から国元に父親の病を聞きつけて戻るときに手形を持たず箱根関所を避け裏山から超えようとしたときに関所破りということでこの池付近で処刑され、いつしかこの池をお玉ケ池と呼ぶようになったそうです。

当時関所では皆さんご存じの『入鉄砲と出女』ですが、入鉄砲は幕府が江戸に鉄砲が入ってこないように目を光らせ、また出女とは大名の子女が逃げないように厳しい検査をしたそうです。NさんがAGCの初代会長の時、箱根関所の展示室で出女を検査する人見女の人形があったと記憶しています。

2009年11月6日金曜日

11月3日は本当に好いお天気でしたネ







前日夜半に大雨が降ったのを知っていましたか?おかげで3日はどこまでも空気が澄んでいました。Noby氏の富士山のように。その日の朝熱海駅からバスで元箱根まで行き、関所跡を覗き、こんなに晴れ渡った芦の湖は珍しいと感激する暇もなく、横目で眺めつつ予定の東坂石畳入口から湯本を目指しました。2時間どころか3時間以上歩いた気がします。道中写真が語ってくれます。杉並木が多く黄葉は落ち葉がちらほらでした。

2009年11月5日木曜日

This is it!

今回のフラワーアレンジメントです。 いかがでしょうか? 同じ花材を使っていても生ける人によって全然違うものになります。 大きく大胆に生ける人、すっきりさっぱりいける人、くちゃくちゃと生ける人、さまざまです。ちなみに私はと言えば?・・・ご想像にお任せすることにします!

さまざまな人と言えば、マイケルジャクソンの “This is it! ” を見てきたのですが、私が思っていた印象とはかなり違っていて、とても謙虚で繊細で、歌に対する取り組み方がものすごく真面目で才能あふれていて、おしい人をなくしてしまったものだなと悲しい気持ちになりました。

とても良かったので、ショーン先生にも薦めておきました。 その時、私は彼のことを好きというよりはむしろ嫌いだったのたけどね…と、言いたかったのですが、うまく文章にならなかったのでいろいろ説明してわかってもらったものの、そんな時どういうかというと: I dislike him more than I like him. でよかったそうです。 言われると、あ~そうか!とおもうのですけどね・・・ まだまだです。

ショーン先生から教えてもらったサイトをご紹介します。 英語に興味のある方は覗いてみてください、無料サイトです。
http://smart.fm/goals/157413 (Click "Start" or“スタート”)

2009年11月4日水曜日

雲一つない富士

昨日 11月3日(火)は日本列島が冬型の気圧と寒気の影響でこの秋一番の冷え込みとなり富士山山頂では午前7時に氷点下21.1度を観測したそうです。PHOTOは箱根峠付近の函南町桑原の県道で午前8時頃撮ったもの。この日の富士山は雲一つなく桜をもってくれば正月のカレンダーにそのまま使えるような美しさでした。一年のうちほんの数回、特に冬の早朝、それも前日低気圧が通過した後がシャッタチャンスに出会えることが多いようです。 駿河湾も戸田辺りから由比辺りまでくっきり見えます。この日はたくさんの観光客の皆さんが車から降りて写真を撮っていました。

2009年11月3日火曜日

3日遅れのハロウィーン


小学生の頃から知り合っていた子供たちも成長し二十歳を過ぎ、今では若いお友達です。若いのに先日来次々と新型インフルエンザにかかり、予定していたハロウィーンのディズニーランド行きをキャンセルし、仕事も休み、ようやく元に戻り、今日は遅ればせながらハロウィーンの衣装でやって来ました。毎年手作りの変装で楽しませてくれて、今年は3回目です。せっかく手間ひまかけた力作(チェシャー猫ですって)、皆様も見てあげてください。彼女たちの姪っ子の衣装は大阪のディズニーショップで買った白雪姫だそうです。(念のため)

2009年11月2日月曜日

箱根の紅葉, Maroonの英会話奮闘記(13)




今日は、天気予報通り急に寒くなりましたね!

お休みだったので、箱根に行って芦ノ湖の紅葉を見るため海賊船に乗ってみました。

どうですか? お天気が悪かったせいもあり、いまいちかな?

ピークにはまだ達してない感がありました。 どうぞ紅葉を見に行くつもりの方は、これから行っても十分間に合います。 どうぞ、足を運んでみてください。
                           
それでは、久しぶりに英会話レッスンから:
   
                     
        
field trip [(生徒の)校外見学、(学者の)現地調査旅行、(業務上の)出張] 
                          
   1. My son's class went on a field trip to a maple syrup farm.
   2. My school went on a field trip to a candy factory.
                        
deface (verb) [・・・の表面を汚す、・・・の外観を損なう]
                              
   1. Hooligans defaced the building with graffiti.
   2. Everyone was shocked when the temple walls were defaced.
                              
pour ones herat out [自分の胸の内を打ち明ける]
                   
   After keeping her feelings inside for so long, she finally poured her heart out to a friend.
                                
我がメンバーの方々が、誰かにそっと胸の内を明かすようなロマンチックな秋の夜をお過ごしくださいますように!!